【マップカメラ情報】ニコン 広角単焦点レンズ AF Nikkor 14mm F2.8D レポート

Nikon Ai AF Nikkor ED 14mm F2.8D

Nikonの広角単焦点レンズAF Nikkor 14mm F2.8Dと、2007年末に発売されたNikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8Gと比較写真を交えてレポートをお届けします。

■撮影機材:Nikon D3

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

建物が影で暗いのではなく、ダイナミックな周辺減光による物です。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

こちらは絞り開放でもほとんど周辺減光は有りません。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

上の写真をNikon Capture NXのビネットコントロールを利用して、周辺減光をデジタル補正してみました(パラメーターは+100です)。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

同じくこちらも、ビネットコントロールで+補正してみました。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

F8まで絞ってみました。

周辺減光はかなり少なくなりました。

AF-S 14-24mm F2.8Gと同じような描写になりました。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

F8まで絞りましたが開放とほぼ同じような周辺の描写です。

高性能さが伺えます。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

上の写真にビネットコントロールで+補正してみました。

適用前とそれ程変わらない様です。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

こちらも上の写真にビネットコントロールで+補正してみました。

周辺までしっかり描写されています。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

真上に向けて撮影しました。

強烈な周辺減光で独特の雰囲気が出ています。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

こちらは、怖いぐらい開放からしっかり周辺まで描写しています。

太陽光の入り方が違いますが、それぞれのレンズのゴーストの出方が違います。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

上の写真をビネットコントロールで+補正してみました。 周辺の描写は甘い様です。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:スタンダード

こちらも、ビネットコントロールで+補正してみました。 やはり、最新の光学設計のレンズは単焦点レンズより『高性能』でした。

■AF Nikkor 14mm F2.8D 作例写真

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

ピクチャーコントロールをビビッドにして、より一層周辺減光を強調してみました。

何の変哲もない写真が、力強く、ドラマチックに見えてきます。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

背景のボケと周辺減光で、その被写体に注目するような効果が出ます。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

広角レンズではいろいろな物が写り込んでしまいますが、露出補正と周辺減光で背景を影でつぶしてみました。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

ライブビューやMFを使ってラフに撮れば、トイカメラチックな使い方も出来ます。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

流石に14mmはちょっとでも角度を付けると遠近感が強調された絵になります。

Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■Nikon AF NIKKOR 14mm F2.8D

■絞り:F2.8

■ピクチャーコントロール:ビビッド

周辺減光が出やすい被写体を探してしまいます。

■オススメポイント■

AF Nikkor 14mm F2.8Dは、最新設計のズームレンズAF-S Nikkor 14-24mm F2.8Gに比べると周辺減光や解放時の周辺の甘さなどがありますが、独特の世界観が出せるレンズとしてお勧めしたいレンズです。

絞れば周辺減光は少なくなりますし、デジタル一眼レフのRAWデータ補正機能で、周辺減光を補正することも可能ですので『趣味性』と『実用性』を兼ね揃えた一本だと思います。

[ Category:Nikon | 掲載日時:08年01月21日 19時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP