【カメラ関連ニュース】ニコン

デジタル一眼レフカメラ「D90」との組み合わせを想定し、「D90」への最適化を重視して開発したズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR」を2008年9月19日に発売。

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR

【主な特徴】
・焦点距離18-105mm、ニコンDXフォーマット専用設計の5.8倍標準VRズームレンズ(35mm判換算焦点距離27-157.5mm相当の撮影画角)。
・シャッタースピード約3段分のブレ軽減効果を発揮する手ブレ補正(VR)機構。
・小型超音波モーター(SWM)の搭載による静粛性に優れたスムーズなオートフォーカス。
・EDレンズ、非球面レンズ採用の高性能な光学系による高倍率ズームレンズながら高い描写性能。
・7枚羽根の円形絞りが自然なボケ味を提供。
・[A] と [M] の 2つのフォーカスモードを装備 。

[ Category:Nikon | 掲載日時:08年08月27日 13時24分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP