StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【カメラ関連ニュース】ニコン

高倍率ズームレンズ「AF-S DX 18-200mm F3.5-5.6 G」をリニューアル、9月4日発売

【主な内容】
ニコンは、交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6 G ED VR II」を9月4日に発売する。
APS-Cサイズの撮像素子を採用したDXフォーマットに対応する交換レンズ。既存の「AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6 G」を強化した製品となる。また、8月28日に発売されるデジタル一眼レフカメラ「D300S」には「D300S AF-S DX 18-200G VR II レンズキット」が用意される。

・従来の多層膜コーティングを改良、広い波長域で高い透過率を実現したという「ニコンスーパーインテグレーテッドコーティング」の効果を更に高めた。
・ズームロックスイッチを新搭載。先端の重さで鏡筒が自然に伸びる、ズーム自重落下を防止する。
・外観は、鏡胴上のVRロゴが赤色から金色に変更。
・その他、仕様は従来製品をほぼ踏襲。約4段分の手ブレ補正効果を発揮するという「VR II」搭載、ノーマルとアクティブの2モードから選択できる。
・AF駆動用として小型超音波モーター「SWM」を装備。
・7枚羽根の円形絞り採用。
・最短撮影距離は0.5m。
・レンズ構成は12群16枚。うちEDレンズは2枚、非球面レンズは3枚。
・フィルター径は72mm。
・本体サイズは約77×96.5mm、重量は約565g。
・9月4日発売。
 

[ Category:Nikon | 掲載日時:09年07月30日 13時16分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP