StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【タイムズフォト】ニコン AF Nikkor 180mm F2.8D IF-EDで撮る

Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED AF 180mm F2.8D 絞りF2.8

ニコン AF Nikkor 180mm F2.8D IF-EDで撮る

プラスアルファにしたい望遠レンズ

AF Nikkor 180mm F2.8D IF-EDは、高画質で定評のあるレンズだ。ただし、180mmと言う焦点距離は70-200mm F2.8クラスのズームレンズの焦点距離内にあり、尚且つ最新のAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIの最新の光学技術と手ブレ補正(VR)機能の前では存在意義が薄れている感もある。

AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-EDの強みは果たしてなんだろうか?!

実際に手にしてみれば分かるのだが、AF Nikkor 180mm F2.8D IF-EDと70-200mm F2.8ズームレンズと比較すると、このレンズの良さは約半分の重さと、比較的コンパクトなところだ。つまりハンドリングの良さだ。

標準ズームレンズもしくは単焦点レンズと、もし望遠レンズが必要となったときの為の保険として持って行ってもそれほど苦にならない。

経験者なら分かると思うが、70-200mm F2.8を入れたカメラバッグの重さと、それを一度も使用せず徒労に終わった時の感じを・・・。

この様に、AF Nikkor 180mm F2.8D IF-EDは、コストパフォーマンスの高い、軽量・コンパクトな大口径望遠レンズとして持っていて損が無いレンズだといえる。

今回も、ニコンのフォトフィニッシングソフトウェアCapture NX2を使い、演出として周辺減光やコントラスト、彩度を調整した写真を掲載する。 撮影に使用したカメラはフルサイズ機のD700。

Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 絞り開放から解像感がある。 絞りF2.8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 1段絞ると更にキレの良い描写をする。絞りF4
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 点光源を探すのも楽しい。 絞りF2.8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 被写界深度を自在にコントロールして表現の幅を広げよう。 絞りF16
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 手前のボケは柔らかいが、奥のボケはやや硬め。 絞りF2.8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 奥の桜の雰囲気を出すために絞り込んでみた。 絞りF10
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 被写体との距離でボケの大きさをコントロールしてみた。 絞りF2.8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 望遠レンズは気になった形を切り出すことが出来る。 絞りF4
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 形と光で画面構成をしてみた。 絞りF2.8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 単焦点レンズは、構図を決めるための試行錯誤も楽しい。 絞りF8
Nikon AF Nikkor 180mm F/2.8D IF-ED 左には富士山、右には東京スカイツリー。スカイツリーの右奥には、マップカメラがある西新宿が見える。 絞りF8

Nikon AF180mm F2.8D IF-ED のショッピングはこちら


[ Category:Nikon | 掲載日時:11年04月12日 13時29分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP