StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【タイムズフォト】ニコン AF NIKKOR 85mm F1.8Dで撮る

Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D AF 85mm F1.8D 絞りF1.8

ニコン AF NIKKOR 85mm F1.8Dで撮る

中望遠レンズの中の標準

ニコンにはFXフォーマットの85mmオートフォーカスレンズが3本ラインナップされている。1つは、2010年9月に発売されたAF-S NIKKOR 85mm F1.4G。このレンズは最新の光学技術とナノクリスタルコートによる高解像度、高画質を追求したレンズ。そして、AF NIKKOR 85mm F1.4D。このレンズは大口径F1.4、そして円形絞りを採用し、高い描写性を追求したレンズだ。この2本の明るいF1.4のレンズの他に、今回取り上げるAF NIKKOR 85mm F1.8Dがある。

このレンズは85mmの廉価版的イメージがあるが、実はAF 50mm F1.4DやAF 35mm F2Dと並ぶ標準レンズ(クオリティーとして)とイメージすればこのレンズの価値が分かりやすくなるだろう。廉価版では無いと言うのは、AF 50mm F1.8Dとレンズの作りを比較すれば明確だ。

AF 85mm F1.8Dの特長は、無理な光学設計をしていないためレンズ自体もコンパクトで取り回しが良い。写りに関しては、特に強烈な個性を持っていないのが良くも悪くも個性なのかも知れない。AF 85mm F1.4Dは絞り開放時の柔らかいながら解像度の高い、いわゆる繊細な描写をするのだが、このレンズは線が太めのカッチリとした描写をする印象だ。

今回も、ニコンのフォトフィニッシングソフトウェアCapture NX2を使い、演出として周辺減光やコントラスト、彩度を調整した写真を掲載する。

使用カメラはフルサイズ機のD700。

Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 絞り開放では丸いボケとなる。 絞りF1.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 絞り値F2.8では、絞り羽根の形の八角形となる。 絞りF2.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D カチっとした描写をする。良い意味でシンプルなレンズだ。 絞りF3.5
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 絞り開放時は全体的にまろやかな描写となる。 絞りF1.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D F2.8まで絞れば、ピントの山とボケを明確に分けることが出来る。 絞りF2.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 点光源が大きくボケるが、被写体の花より大きいと少しうるさいと感じるかも知れない。 絞りF1.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 背景との距離がそれほど無い場合は、約1段の絞り値で大きくボケは変わらない。点光源のボケ方、解像感をどの様にイメージするかが鍵となる。 絞りF2.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D ピント位置から上方向が前ボケ、ふんわりとボケていく様子が分かる。 絞りF1.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 最短撮影距離に近いと、背景が溶けて無くなる様なイメージだ。前ボケが大きいため、ピントの合わせはシビアとなる。 絞りF1.8
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 被写体までの距離がある程度あれば、ボケで立体感を演出できる。 絞りF2
Nikon AF NIKKOR 85mm F/1.8D 近距離、中間距離、遠距離をイメージして桜を撮ってみた。中望遠レンズなら背景ボケを利用した写真が撮れるので是非試してみて欲しい。 絞りF2

AF 85mm F1.8Dは、癖が無く扱いやすいレンズだ。これだけ写ってF1.4クラスのレンズと一桁売価が違うとなると、いかにコストパフォーマンスが良いかおわかりだろう。

ただし、写真は「レンズ」の魅力(魔力?)の様な物があり、少し癖がある方が面白いと思うこともある。贅沢を極めた光学設計の85mm F1.4の描写力・とろけるようなボケが必要かどうか、それを考慮して85mmレンズ選びをしていただきたい。

Nikon AF85mm F1.8D のショッピングはこちら


[ Category:Nikon | 掲載日時:11年04月02日 16時46分 ]
1+

RECOMMEND

PAGE TOP