ハッセル1600の巻

1948年にニューヨークでレンズ・ファインダー・フィルムマガジンが交換できる世界最初の6x6判一眼レフカメラが発表されました。カメラの名前には、そのカメラを造リ出した「Victor Hasselblad」という人の名前が付けられました。レンズ・ファインダーを始め多くのアクセサリーも充実していて、このカメラが発表された時はプロ、ハイアマチュアから多大な支持を受けたそうです。発表と同時にこのカメラは注文が殺到し多くの注文もはいってみたいですが、カメラのトラブルが多く返品も多くあったようです。返品されたカメラの一部は修理して戻されたようですが、ほとんどは廃棄処分され、1980年代、ハッセルブラッドの記録によると総生産台数約3,631台の内「2,859台が残っているはず」という記録もあるようなのですが、それも30年も前の話なので実際現存する台数、そして実際に撮影できる状態にあるカメラは、一体何台残っているんでしょうかねぇ・・・

Hasselblad

現在ハッセルブラッド用のレンズとしてはカールツァイスのレンズが一般的ですが、このカメラを製造していた頃のレンズ供給はコダックが行っていました。レンズのラインナップとしては標準のエクター80mmF2.8をはじめ、ワイドフィールドエクター55mmF6.3、エクター135mmF3.5にエクター254mmF5.6というものがあり、外装もアルミニウム鏡胴でカッコよく・・・ これらも間違いなく現在作ったら売れないでしょう。高くて。

 もちろん、デザインだけでなくその描写もすばらしく、私個人の意見ではありますがカールツァイスのレンズと違う点はそのシャープネスにあると思います。ツァイスレンズは解放でもピントのあった部分に関してはツァイス独特のビシッとした線が出るのに対し、コダックの場合開放で撮影した場合なんとも言えないやわらかい描写が得られます。しかし、これはあくまで個人的な意見です。レンズの状態にもよると思いますし使用するフィルムによっても得られる質感は多少違ってくると思います。それよりも実際に使えるボディがはたしてどれだけ残っているのか見当も付かず、万一修理に出すとしても、まぁ世界中を探せば数件は見つかるでしょうがお代金の方は覚悟して頂いた方がよろしいかと思われます、はい。なにせ、半世紀前の機械を修理しようとなされているわけですから、同じ年代のロレックスやベンツを修理するのと変わりない感覚でよろしいんじゃあないかと思います、はい。

HasselbladHasselblad

というわけでして、肝心のボディがなかなか見つからないので、アダプターを作ってもらってペンタックス645や35mm判一眼レフボディに取り付けて使っておられる強者も見かけたことがあります。それから、これはスゴイ!と思ったのが、そのフォルム。現行の503CWと比べてもそのデザインに殆んど変更のないことに驚かされます。1950年代にすでにその殆んどが完成されていたわけなんですよ。別のカメラですがSWCに使われているビオゴン38mmレンズも、最終機である905SWCまでコーティング以外は殆んど変更はされなかったそうです。「物」を作るうえで、これ以上ない、理想のカメラなのでしょうか。

HasselbladHasselbladHasselblad

~ハッセルブラッド 1600Fができるまで~

1887年F.W.ハッセルブラッド社という親会社に写真部門を設立。 ハッセルブラッド製のボックスカメラの販売を行う。(名前はハッセルブラッドですが実はカメラ自体は他の会社でつくってたみたいです)

1908年写真部門の発展にともないハッセルブラッド フォトグラフィスカ社が設立。スウェーデンにおけるコダック製品の総代理店になる。

1941年第2次世界大戦始まる。スウェーデン空軍より偵察カメラの依頼を受ける。1941年より1945年にかけて342台の偵察カメラが納入される。(その時納入されたカメラはレンズとマガジンがすばやく交換できるという特徴をもっていました)

カメラ以外にも経営向上の為に装飾を施した飾り時計の製造もしていました。(ちなみに時計の名前は「EXAKTA」という名前だったみたいですね。ん?エギザクタ?)

1948年ハッセルブラッド 1600F 発表。

VICTOR HASSELBLAD1600F (1948年発表、1949年~1952年迄製造)総生産台数: 約3,631台形式: フォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラシャッター速度: B、1~1/1600秒重量: 1,350g

[ Category:未分類 | 掲載日時:09年03月06日 16時41分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP