【マップカメラ情報】フジフイルム FinePix F50fd レポート

FUJIFILM  FinePix F50fd

『コンパクトデジタルカメラの色合い』

今回は、1200万画素のスーパーCCDハニカムVII「HR」を搭載したFUJIFILMのFinePix F50fdを持って試行錯誤して見ようと外に出ました。

コンパクトデジタルカメラの発色は、見栄えがする様に明るく、彩度が高く記録されています。

確かに見栄えは良いのですがどうしても『デジカメっぽさ』が出てしまう様に感じてしまいます。

FinePix F50fdのFinePixカラー設定のF-クロームモードは、彩度が高めでコントラストも高い設定なのですが、流石フィルムメーカーだけあって、ツボをおさえた上手い発色になっていてかなり気に入りました。

さてさて、冒頭で試行錯誤とありますが、ちょっと難しいかなと思ったのはF-クロームモードでの露出補正(高コントラストの為色を出すと黒つぶれする、明るくすると白飛びするので、どちらに重点を置くか)ぐらいで、しかも露出補正をすれば、明るさが液晶モニターに反映されるので、特に試行錯誤する事もなく、まさに取り越し苦労でした。

サンプル画像は、元画像(4000×3000ピクセル)を50%に縮小しています。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-1.3

木々の緑が渋い色合いになる様にマイナス補正を掛けて撮影。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.7

橋の色に合わせて、青い街並み。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.7

こちらが赤い街並み。

オートの露出では、空が白く飛んでしまうのでマイナス補正を掛けています。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.7

ビルの表面の金色が出るようにマイナス補正を掛けています。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.7

露出はマニュアルモードで撮影していますが、通常のマニュアル露出ではなくホワイトバランスや露出補正を使って補正が掛けられるプログラムモードです。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:0

浅草寺の仲店はお正月の飾り付けになっていました。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.3

PLフィルターを使ったかのような濃いめの青が出ました。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:-0.7

マクロ撮影で背景をぼかしたかったんですが、晴れている日は絞り開放(F2.8)にするとシャッタースピードの上限1/1000秒になってしまうので、F6.5まで絞って撮影しています。

花の葉の緑がコンパクトデジカメにありがちな新緑の様になってない点が良いですね。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-B&W

露出補正:0

あまり活用しませんでしたが、モノクロモードの使い方も色々楽しめそうです。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:0

ケーブルなどの描写の細かいところまで解像しています。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:0

ワイド側35mm相当。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-クローム

露出補正:0

テレ側105mm相当(縦位置で被写体をクローズアップ)

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:400

露出補正:-1.0

イルミネーションの色が飛ばないようにマイナス補正を掛けています。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:400

露出補正:0

細かい部分の描写がノイズリダクションで消されてしまっているのが残念です。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:400

露出補正:0

ツリーにオートフォーカスを合わせて、フォーカスロックをして構図を決めて撮影

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:400

露出補正:0

こちらは裏技的に、マクロモードで一番近い物にピントを合わせてピンぼけ写真にしてみました。

その他に、オートフォーカスマークが赤で表示された時(被写体が認識出来無い場合)にピント位置が最短撮影距離側の場合、そのままシャッターを押し込むと同じ様な写真が撮れます。

絞りの形状は6角形でした(ワイド側絞り開放F2.8)。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:200

露出補正:+0.3

液晶モニター上では明るく見えたのですが、+0.3補正ではアンダー気味でした。

周囲の明るさと液晶モニターの見え方には慣れが必要ですね。

FUJIFILM FinePix F50fd

FinePixカラー:F-スタンダード

ISO感度:200

露出補正:+0.7

F-クロームモードでメタリック感を出しても良かったかなと後悔しています。


フィルムカメラのような色合いの出せるFinePix F50fdはデジタル一眼レフのサブ機としてお勧めです。

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:07年12月29日 10時01分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP