StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon  AF-S NIKKOR 28mm F1.4E ED ~

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon AF-S NIKKOR 28mm F1.4E ED ~

「ニハチ」
カメラ業界でニハチと言えば28mmかF2.8を意味する言葉として使われています。
本ブログでは、マップカメラの28周年をニハチとかけ、マップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズを通し、「ニハチ」の魅力を皆様に紹介していきます。
毎日28mmかF2.8のどちらかが掲載されますので、お見逃しなく!! 本日ご紹介する「ニハチ」は… 『Nikon AF-S  28mm F1.4E ED』です!

筆者は夕方の情緒的な光がとても好きなので夕方くらいから動き出しています。

今回の撮影に使用した機材はNikon DfとAF-S NIKKOR 28mm F1.4E EDです。

28mmという画角はなかなか難しい画角だと思います。
広角というには少し狭い気がしますが一部分を切り取るには広すぎる場面が多い…。とにかく慣れが必要な画角です。

そんな28mmで撮影をしてきました。

撮影した写真はAdobe Lightroom Classicで編集しました。

まずは使用した機材の外観から見ていただきたいと思います。

Nikon Dfはクラシカルなデザインの一眼レフカメラですが、合わせるレンズが通常のFレンズでもデザインを損なう事はなく、懐かしい雰囲気はそのままに使用することができます。

では、AF-S NIKKOR 28mm F1.4E EDで撮影した写真をご覧ください。

良く晴れた日に青空と風景を画角いっぱいに入れて撮影した一枚です。その場の空気感や広さが思い通りに残せました。

28mmを使っていると、この画角は景色とポートレートの要素を入れた撮影に向いていることに気が付きました。

景色を広く取りつつ一緒にいる人物を入れて撮ると、ほどよくまとまった写真になります。観光地に持っていくと景観を取り入れながらも家族や友人を上手く撮影できそうです。

大きな構造物を入れて撮ることもできますし、人物を手前に大きく入れて背景に景色を写すのにもピッタリな画角でした。

24mmのレンズだと広すぎて、背景がまとまりにくいと感じている方にはもってこいな画角です。

花屋さんにヒマワリが売っていたので夏を感じながら撮影をしてみました。

このレンズは最短焦点距離が28cmなので被写体に寄りつつ遠近感を出すことが出来ます。室内や狭い所で撮影するときはかなり有利なレンズです。

カフェなどでお食事に出かける際にも持っていきたいと思います。

いかがでしたでしょうか。

旅行や散歩のお供としておすすめできるレンズですので是非楽しんで下さい。

毎日更新中!この他の『マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力』はこちらからどうぞ
28人の28mm編F2.8編でお送りしております!少しでも興味を持っていただけたら幸いです。


 


 

↓コミュレビ「28グランプリ」詳細はこちら↓

[ Category:Nikon | 掲載日時:22年07月19日 16時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP