StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~MINOLTA Mロッコール M28mm F2.8~

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~MINOLTA Mロッコール M28mm F2.8~

マップカメラは本日8月13日で28周年を迎えました。

これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのこと。心より御礼申し上げます。

 

「ニハチ」

カメラ業界でニハチと言えば28mmかF2.8を意味する言葉として使われています。
本ブログでは、マップカメラの28周年をニハチとかけ、マップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズを通し、「ニハチ」の魅力を皆様に紹介していきます。

毎日28mmかF2.8のどちらかが掲載されますので、お見逃しなく!!

本日ご紹介する「ニハチ」は…
『MINOLTA (ミノルタ) Mロッコール M28mm F2.8 』です!

・・・

「F2.8」というスペックについてはケースによって印象が変わるように思います。ズームレンズですと明るく、ハイスペックな印象なのですが単焦点だと少し暗いかな。など。

大きさもF2.8の通しズームであれば大きくなりますし、単焦点であればコンパクトで軽い。といったイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

なんとなく状況によって様々な印象を抱くF値のように思えます。

ですがそこにはこのF2.8というF値の「使い勝手の良さ」が関係しているのかもしれません。

 

使い勝手の良さというと「ニハチ」ブログで紹介している「28mm」も使いやすい画角です。

執筆している28人の中にもなかなか馴染みのないスタッフが多かったようです。

ですが皆が口々にこの画角の「使い勝手の良さ」のことについて触れていました。

 

であれば、28mm F2.8はとても使い勝手の良いレンズになるのではないか!?ということで今回は『MINOLTA (ミノルタ) Mロッコール M28mm F2.8 』を使ってみました。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:400

開放付近ではふわっとした描写です。

使用ボディはLeica M9です。もともとはフィルムボディのMINOLTA CLE用に開発されたものでM型ライカに装着するとブライトフレームは35mmが表示されます。本当は外付けファインダーを装着し撮影するのがベターなのですが、スナップで使うことが多いので筆者はあまりファインダーを覗かずに撮ってしまいます。

車のガラス越しなので少しねむたいですが、下の写真のように立体感のあるレンズです。

絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800

このレンズは内部が曇ってしまうことが多く、あまり状態の良いレンズを見つけるのが難しくなっています。

筆者も状態が良いものを見つけることができず、少し曇っている個体を使用しているのでハイライトが少しぽやんとしてしまいます。

 

絞り:F8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800

筆者も28mmにあまり慣れていないのでどうしても見上げて撮った写真が多くなり、そして縦写真が多くなってしまいます…。

 

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:400

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:400

モノクロの階調も良く絞り込むとキリッとします。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400

網戸越しに暮れていく空を撮影しました。

綺麗で優しいトーンが出ます。

エルマリートに少し似ているような気もします。

あまり出回ることのないレンズですが、ぜひ一度は味わっていただきたいレンズです。

 

毎日更新中!この他の『マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力』はこちらからどうぞ
28人の28mm編F2.8編でお送りしております!少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 

↓コミュレビ「28グランプリ」詳細はこちら↓

[ Category:etc. MINOLTA | 掲載日時:22年08月13日 17時15分 ]

マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP