StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~SONY 85mm F2.8 SAM~

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~SONY 85mm F2.8 SAM~

「ニハチ」

カメラ業界でニハチと言えば28mmかF2.8を意味する言葉として使われています。 本ブログでは、マップカメラの28周年をニハチとかけ、マップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズを通し、「ニハチ」の魅力を皆様に紹介していきます。

毎日28mmかF2.8のどちらかが掲載されますので、お見逃しなく!!

本日ご紹介する「ニハチ」は…
『SONY 85mm F2.8 SAM』です!

85mmの単焦点でF2.8・・・。
珍しいスペックですよね。今回このレンズを使用する時に、同じスペックのレンズがあるかと思い返しましたが、メーカーを超えて考えても思いつきませんでした。(調べると何本かは出てくるようですね)

大抵の85mmはF1.8やF1.4などの明るく大口径を売りにしていることが多いと思います。そのせいかレンズの大型化が著しく、気軽に持ち出せるレンズは少ない気がします。

そんな中、本レンズの質量はなんと『175g』です。
素晴らしい軽さですね!その軽さを武器に85mm中望遠でスナップ撮影に挑んでみました。
普段は35mmや長くても50mmでスナップを撮ることが多いので85mmでのスナップは初挑戦となります。
果たしてどのような写真が撮れたのか、見ていきたいと思います。

手前に街路樹、奥にクレーンの空バックという構図です。準広角や標準レンズだともう少しルーズな構図になりがちですが、中望遠だと画角の狭さが画面整理をしやすくしています。その反面、少しでもカメラの高さや角度を変えると背景が大きく変化してしまいます。いつものスナップ撮影よりも少し構図に対して気を使う場面が多くなりました。

普段スナップ撮影ではF4、F5.6、F8などの絞りの値を使う事が多いのですが、今回は企画の性格上F2.8開放縛りとなりました。
やはり中望遠でF2.8だとかなり被写界深度は浅くなりますね。奥行きを活かした構図を撮るとその深度の浅さがよりわかります。開放のボケはすっきりとしていて、いやらしさも少ないですね。さすがに玉ボケの形はそれなりになってしまいますが、そこは軽さとのトレードオフかなと思うと納得できます。

ハイライトからアンダーへの諧調表現もなかなかよく粘ってくれています。
当初思っていたよりもコントラストの出方も良く、すっきりとした描写に好印象がもてます。
F2.8の開放描写では、中心部の解像度はなかなかで、周辺部になると少し甘くなります。

『ニハチ』の特集ということで、F2.8縛りで撮影して改めて感じた事は、『F2.8はゆるやかなボケによる背景表現』が得意な絞りの値だと思いました。
今回の使用レンズである85mmなどはもとから被写界深度の浅くなる焦点距離域であります。故に開放F1.8やF1.4クラスになるとかなり大きなボケが期待できますが、逆に考えると『背景がボケすぎて情報が乏しくなる』ことにもなりがちです。
上の写真のように入口のドアノブから奥の階段までをとらえ、手前にピント位置を持ってきた時に、大きすぎるボケでは背景の階段が溶けてしまい、なにが写っているのかがすぐにはわからなくなってしまいます。
F2.8くらいのボケでしたら、ゆるやかにボケてくれるので背景情報も込みでの構図がとりやすくなります。

ゆるやかなボケにより、背景情報を大きく損なわず、かつ被写体を立体的に引き立てることができるのがF2.8かつ85mmの特徴だと思います。これだけ軽量なレンズですから、スナップ撮影には勿論、動きのあるポートレート撮影など幅広く使用することができます。今回はマウントアダプターを介してEマウントボディで使用しました。Eマウントからも85mmF2.8というスペックのレンズは未だリリースされていません。珍しいスペックの85mmF2.8で軽快なスナップなどいかがでしょうか。

毎日更新中!この他の『マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力』はこちらからどうぞ
28人の28mm編F2.8編でお送りしております!少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

↓コミュレビ「28グランプリ」詳細はこちら↓

[ Category:SONY | 掲載日時:22年08月19日 15時00分 ]

LINEで会員登録マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP