StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon Ai AF Nikkor 28mm F2.8D~

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon Ai AF Nikkor 28mm F2.8D~

「ニハチ」

カメラ業界でニハチと言えば28mmかF2.8を意味する言葉として使われています。
本ブログでは、マップカメラの28周年をとニハチとかけ、マップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズを通し、「ニハチ」の魅力を皆様に紹介していきます。

毎日28mmかF2.8のどちらかが掲載されますので、お見逃しなく!!

本日ご紹介する「ニハチ」は…
『Nikon Ai AF Nikkor 28mm F2.8D』です!

 

筆者の思う28mmの魅力は、一瞬を記録するときにちょうど良い焦点距離だと思います。

28mmを採用しているコンデジがあり、特に筆頭候補に出てくるのは最強のスナップシューターと呼ばれるRICOH GRシリーズに搭載されているレンズも28mmです。

自分が残したいと思う画角より少し広めが欲しい、でも広すぎないところが筆者の思う28mmの魅力だと感じております。

 

 

見慣れた風景はもちろん、初めて赴く場所でも、あっと思った時の切り取りやすさは28mmがとても使いやすくテンポよく撮影ができます。

気になるものが入り込んでしまっても、少しレンズを振ることで立ち位置を変えることなく、切り取りたい画が撮影できるのがとても快適です。

もちろん、一歩引いてより写しこむのもあり、一歩前で気持ち周りを切るのもあり。

筆者にとってそんな微調整しやすいのがニハチ、28mmです。

 

 

同じ被写体でも撮る角度を変えて何枚も撮れるのがニハチの良さです。

この日はピーカンの晴天。

等々力渓谷に足を運びましたが、駅周辺の気温と渓谷周辺の気温はほとんど差が無く、ファインダーを覗く前に必ず顔を拭うくらい汗が止まりませんでした。

 

 

この日に使用したボディはD780。

DタイプレンズでミラーアップしてもAFが快適に使用できるのはD780のならではの強みです。

光学ファインダーで覗いて撮影するもよし、チルトを生かしてミラーアップで撮影するもよしと、撮影を楽しむことも利便性も兼ね備えた素晴らしいボディと28mm F2.8Dの組み合わせは撮影していてとても楽しかったです。

 

 

ズームレンズにおいても、16-35mm 、24-70mm、28-75mmといった広角ズームや標準ズームと呼ばれるレンズにも28mmは含まれています。

さらに、16-300mmや28-300mmのような、高倍率レンズにもワイド端に28mmが採用されているレンズは数多く存在します。

そんなニハチはもう気持ち広めに撮りたい、が実現しやすい焦点距離かつ広角レンズ特有の歪みも少なくほどよい焦点距離です。

 

撮影をする際には必ず28mmもしくは28mmを含むレンズを必携しております。

これからもこのニハチレンズにはしばらく旅や散歩のおともになりそうです。

 

 

毎日更新中!この他の『マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力』はこちらからどうぞ
28人の28mm編F2.8編でお送りしております!少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 

 

 

↓コミュレビ「28グランプリ」詳細はこちら↓

[ Category:Nikon | 掲載日時:22年08月28日 13時00分 ]


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古商品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP