【カメラ関連ニュース】リコー

光学10.7倍ズーム(28~300mm)を搭載、約5コマ/秒の高速連写を実現した小型デジタルカメラ「CX2」を2009年9月11日に発売すると発表

RICOH CX2

【主な内容】
「CX1」から画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIV」と、高速画像処理を実現するCMOSセンサー搭載による高画質化とダイナミックレンジ拡大機能を継承しつつ、広角から望遠まで作画の可能性を広げる光学10.7倍ズームの搭載、撮りたいシーンを逃さない最高記録画素数での約5コマ/秒の高速連写機能、使い勝手の良いAF機能「プレAF」「コンティニュアスAF」の搭載など、撮影領域を拡大する機能を強化。また、シーンモードへの「ハイコントラスト白黒モード」や「ミニチュアライズモード」などクリエイティブな撮影意欲に応えるモードを新たに加え、イージー撮影モードへの顔を検出する機能、ダイナミックレンジダブルショットモードへの自動で拡大効果を決定する「AUTO」の追加など従来機種からの機能もパワーアップを実現。

・厚さ29.4mmのコンパクトなボディに広角から望遠まで自在に撮れる光学10.7倍ズーム(28~300mm)を搭載
・撮りたいシーンを逃さず撮れる高速連写機能がさらに進化
・画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIV」や高精細CMOSセンサーにより、高画質撮影が可能
・クリエイティブな撮影意欲に応えるモードを新たに搭載
・シンプルな操作で撮影を楽しめるイージー撮影モードに自動で顔を検出する機能を搭載
・被写体にすばやく確実にピントを合わせる「プレAF」、「コンティニュアスAF」機能を搭載
・高精細3.0型92万ドットVGA液晶モニターを搭載

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:09年08月21日 13時54分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP