レンズ撮り比べ第5回 SUMMICRON M50mmF2 第1世代【本館地下】

みなさん、こんにちは。本館地下のCHICOです。
「ライカマウントレンズ撮り比べ」第5回です。

今回のレンズは、SUMMICRON M50mm F2 第1世代です。
null
1956年発売の固定鏡胴モデル。6群7枚構成。
ピントリングのギザギザが谷側にある後期型で撮影しました。

※このコーナーは「レンズテスト」ではありません。
レンズの性能を分析したり、評価するものではないことを、まずご承知ください。
当店に入荷したものの中から選んだレンズを使用し、
こちらで設定した条件で撮影した「ひとつの撮影例」としてご覧ください。
皆さん自身の目で見て、いろいろな感想をもっていただければと思います。

それでは、ご覧下さい。

F2 (絞り開放)
null

F4
null

F8
null

中古ズミクロン50mmF2各種のお買い物はコチラを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第0回 ⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第1回 SUMMICRON50mmF2 第4世代」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第2回 NOCTILUX M50mmF0.95ASPH.」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第3回 Voigtlander NOKTON 50mm F1.1」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第4回 SUMMILUX M50mm F1.4 ASPH.」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

今回紹介いたしましたほかにも作例写真 たくさんございます。



ライカレンズに関するお問合せは、本館地下までどうぞ。
03-3342-3381

[ Category:未分類 | 掲載日時:13年01月16日 00時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP