StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】一眼レフという選択肢~Nikon D850編~

【Nikon】一眼レフという選択肢~Nikon D850編~

一眼レフの魅力とはどのようなものでしょうか。

大きなボディ、見やすい光学ファインダー、ミラーの振動
様々なことがデジタル化されていく中で、アナログのシステムは嗜好品としての魅力をましてきていると感じます。

今回はNikonの高画素機であるD850とNikkor Ai-s 50mm F1.4を使ってスナップ撮影をしてきました。
フラッグシップ機とオールドレンズの組み合わせはどのように映るのでしょうか。

新宿中央公園付近で信号機を撮影してみました。
長い間、晴れの日も雨の日も活躍してきた信号機は表面の汚れすらかっこよく見えます。

こちらは大きな建物を下から見上げるように撮影したものでございます。
幼少期から建物を下から見上げるとこちらに倒れてきそうな感覚に陥りゾクゾクしていました。
以来筆者はこういったアングルで建物を見上げるのがとても好きです。

こちらはバス停の標識を逆光で撮影したものです。
パープルフリンジやゴーストがしっかりと出ています。
これを良しとするかどうかは人によるかと思いますが、私はこのような写りが好きです。

街に出てスナップ撮影をしていると何を画角内に収めるか未だに迷ってしまいます。
何とか画角内の情報を少なくしようと撮影してみました。
信号、ビル、雲の三点にフォーカスしました。

こちらは玉ボケをたくさん出るように撮影をしてみました。
中心部は綺麗な丸になっているものもありますが基本的にはレモン型の玉ボケになります。

こちらは道端に咲いていた花を撮影した写真です。
F値は1.4なので回りはきれいにボケます。
オールドレンズはボケ味が醍醐味なのでこれからも積極的に使用していきたいです。

いかがでしたでしょうか。
今回はNikon D850とAi-S 50mm F1.4を使用しスナップ撮影をしました。

ミラーレス機が主流になりつつある今、レフ機をもう一度手に取って写真を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Nikon D850のフォトプレビューサイト『Kasyapa』はこちら



[ Category:Nikon | 掲載日時:23年02月10日 17時10分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP