【マップカメラ情報】中古デジカメ SONY サイバーショットDSC-F828

レンズ一体型デジカメとしてその独特なデザインで注目を集めたソニーのCyber-Shot F3桁シリーズ。「DSC-F505」から始まりベストセラー機の「DSC-F707、DSC-F717」、そしてその後継機が「DSC-F828」となる。残念なことに「F-828」の後継機は「DSC-R1」となり歴代の「F]の文字は無くなってしまった。

技術面では、当時3色フィルターが当たり前だった時代にソニーは第4の色であるエナメルドを追加した「4 color Super HAD CCD」を開発、カールツァイスレンズの持ち味を十分に生かすことに成功した。そしてそのCCDを搭載した第1号機が「DSC-F828」である。

レンズ交換式のデジタル一眼レフが主流になる中、「DSC-F828」の特徴は何かと言うと、レンズ一体式だからこそ注目して欲しいカールツァイス「バリオゾナーT*」レンズのスペックではないかと思う。焦点距離28mm~200mm、明るさF2.0~2.8。さらっと書いてみたが、このスペックのレンズを単体で作ってみたらこの大きさ、この値段では到底ありえないスペックと言うことは一眼レフユーザーの方なら理解して頂けると思います。

デザイン、CCD、レンズとすべてに対して一切の枠にとらわれる事無く開発された「DSC-F828」は、現在だからこそ十分に価値のある1台ではないかと思います。
null DSC-F828
【 Cyber-shot DSC-F828】
撮像素子 2/3インチ830万画素CCD
レンズ 光学7倍ズーム(35mm判換算28~200mm)、F2.0~2.8
撮影範囲 50cm~∞(標準)、2cm~∞(マクロモード時)
動画撮影機能 640×480ドット/30fps(最大12分20秒)
記録媒体 メモリースティック、コンパクトフラッシュ、マイクロドライブ
液晶モニター 1.8型TFT(13.4万画素)
電源 リチウムイオン充電池(インフォリチウムM)
外形寸法、 重量 134.4(W)×91.1(H)×157.2(D)mm、832g(本体のみ)
希望小売価格 16万円

SONY サイバーショット DSC-F828 ショッピングは>こちら

[ Category:未分類 | 掲載日時:07年02月05日 16時43分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP