StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】SEL70200GMで楽しむ公園スナップ

写真を撮る方あるあるだと思うのですが、つい特定の画角を好んでしまいがちになります。

かくいう私も85mmや135mmといった中望遠の画角で写真を撮ることが多いです。
中望遠のレンズはとても使いやすく、ついつい選んでしまいます。

ボケが大きく表現できるので、被写体を強調できますし、
圧縮効果で背景がグッと近づくので、背景が雑多になりにくいです。

なので、こんな風に他のお花がたくさん生えているような花壇でも、
大きくぼかしてくれるので、被写体のお花に目がいきます。

中望遠は一目見て一眼っぽい写真になるので、個人的にいい写真が撮れた、と感じることが多いです。

今回は、「ILCE-7M4」と中望遠の画角を含んだ「SEL70200GM」で公園でお散歩しながらスナップを撮影してきました。

この橋は、遠くから人が通るタイミングを狙って撮影しました。

人がいないと、味気ない写真になってしまったので、
上手くフレームインさせることで、見るべきポイントを作ります。

ここはとても自然豊かな公園で、公園の中に川が流れていました。

高低差がある場所で、滝までありました。

三脚を持っていなかったのですが、手すりに頑張って固定して、
少し長めにシャッタースピードを設定しました。

三脚なしでしっかり撮れたのは、やはりボディに手ブレ補正が入っているからでしょう。

そして冬は旬の花が多くはないイメージでしたが、様々な花が咲いていました。

冬の花の代表、椿。

ナンテンのような赤い実も、水仙も、冬らしさを感じます。

そんな中、ふと見上げると

梅の花が咲いていました。
白い花だけでなく、まさに紅梅色の梅も咲いていて、段々と春が近づいている気配を感じました。

「SEL70200GM」は、GM初期のレンズで、とてもボケが柔らかいレンズです。

ボケが柔らかいと聞くと、背景がうるさくならないボケ味を想像するかもしれません。
もちろん背景のボケが滑らかで綺麗なのはもちろんなのですが、
「SEL70200GM」は、ピント面から徐々にボケが大きくなります。

レンズによっては、ある一定の距離から大ボケしてしまうものもあるのですが、
滑らかに、徐々にボケが大きくなることにより、立体感のある描写が実現しています。

昨今の解像感が非常に高く、ボケも美しいGMレンズの描写も素晴らしいですが、
全体的に柔らかな雰囲気で、味のある描写はこのGM初期ならではで、私のお気に入りの一本です。

スナップから風景、お花まで撮れる映えレンズ、「SEL70200GM」いかがでしょうか。


[ Category:SONY | 掲載日時:24年02月10日 16時20分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古ポイント5倍(延長) 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP