StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

二眼レフは、いかがですか?!  その1

「二眼レフ = ローライ」そんな風に思っている方、多いのではないでしょうか?(かく言う私がそうでした)完成度の高さにおいては、ローライがトップクラスに位置することは確かでしょう。でも世の中、本当にたくさんの二眼レフがあるんですね。日本でも二眼レフメーカーの社名の頭文字がアルファベットのAからZまで揃うくらい存在していたというのは、よく聞くお話。それぞれに個性的な仕組みやレンズを備えたカメラがありました。当時のメーカーの創意工夫・柔軟性には頭が下がります。
 で、今回は「フォクトレンダー ブリラント」ってドイツやん・・・ さっきの前ふりは何だったんでしょう・・・

ぶりらんと

 うーーん、かわいい!! 本当にブローニー判って思っちゃいますよね。
 フォーカシングフードを開けると、おーー、スクリーンがめっちゃ明るい! なんだ、この明るさは!! って感動すると、実は素通し・・・ なんと、目測なんですぅ・・・
 まあ、いいじゃないですか。二眼レフなんて今のカメラに較べたら、もともとかなりアバウトなんですから。もっと大らかにいきましょうよ。
 撮影レンズは、アナスチグマット スコパー。こちらはかなり抜けのよいレンズのようです。ピントさえ克服すれば、思わぬ感動が得られること必至!!(「必至」だったら「思わぬ」ではないですね。暴走してきちゃいました。)
 どーでしょう。トイカメラに負けないかわいさで、トイカメラを凌駕する写りが楽しめまる。持っといて損はないですよ!  (文責・イット)多分、続く。

[ Category:etc. | 掲載日時:08年05月16日 12時45分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP