二眼レフは、いかがですか?! R (リターンズ)  その0

春です! 二眼レフです!!


「花よりダンゴ」・・・って、いきなり主旨を外れる・・・

「ただいま!!」

・・・って言っても、覚えてくれている人は少ないか・・・

かつて、ごく一部の方面に支持された(実はスタッフばかり、・・・つまりは内輪受け?!)このコーナー。

古いおじさんが、古い二眼レフカメラを下げて、主に古い街を(新しい所は気が引けるので・・・)ぶらつきます。
気になった所でカメラを構えたり、あれこれつぶやいたりします。
時にはビールを飲んだりします。
妄想に耽ったりもします。
ビールを飲んだりします。
「写真撮ってください。」の声におびえ、コソコソしたりします。
ビールを・・・ 
いえ、思い出して写真も撮ったりします。

そんなコーナーでした。

・・・よく怒られなかったな・・・

最近は、同じ中判カメラであるハッセルブラッドの記事を書いています。
『とりあえず、ハッセル!!』
機種の違いやレンズの画角の違いなども分かりやすく・・・
えぇ、本人はいたって真面目に書いています・・・

「ハッセルって格好いいけど、難しそう・・・」という方に、
「いえいえ、案外気軽に楽しめるカメラなんですよ!」

つまりはそう、
写真を撮る楽しさがいっぱい詰まった中判フィルムカメラ、
その魅力を1人でも多くの人に知ってもらいたい!
そんな思いで発信しています。

大事なところなので、太くしてみました。
・・・別に上司に日和ってるわけではありません・・・
ちょっと、太くしたかっただけです・・・

そんなわけで、このところ二眼レフはお留守番をすることが多かったのですが、
それでも旅行などは、二眼レフが大いに活躍します。

ハッセルよりも軽く、操作ミスによる故障の心配も少ないというのが主な理由ですが、
クラシカルなスタイルの二眼レフを携える自分の姿に、満足感を覚えるということもあります。
えぇ、自己満足です・・・

これからの桜のシーズンも良いですね!

・・・と、やっと本題!!

二眼レフ持って、春を探しにいきませんか?!

広角でも望遠でもOKというデジタルカメラに較べれば、確かに撮れるものは限られてきます。
撮影可能枚数だって・・・

でも、そんな制約の多い撮影だからこそ、1枚1枚被写体にじっくり向き合えるわけです。

6×6 というスクエアの大きなフォーマットに、自分だけの春を写し込む感動を味わってください。


ローライフレックス3.5F(カールツァイス プラナー75mmF3.5)


ミノルタ オートコード(ロッコール 75mmF3.5)


ローライフレックス4.0FW(シュナイダー スーパーアンギュロン50mmF4)

さらには例えば桜の花びらが舞う中、クラシカルな二眼レフを静かに構える自分。
ふと見上げれば、晴れ渡った春の青空・・・


ミノルタ オートコード(ロッコール 75mmF3.5)


ローライフレックス2.8F(カールツァイス 80mmF2.8)

これまでと違うスタンスの撮影で、今までとは一味違う春が撮れるかもしれませんよ!

さらにさらに、花吹雪の中、撮影に夢中になっていると、唐突に後ろから
「あの、素敵なカメラですね・・・」
と、涼やかな声。 振り向くとそこに人生の春が・・・

う~ん、早く桜咲かないかなぁ・・・


「花より・・・」

続く?  (文責・イット)

二眼レフカメラの在庫状況・ご注文は、⇒⇒⇒コチラ

null 


〓〓 タイムズフォト 〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:14年03月26日 21時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP