StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

今再びのCONTAX!Vol.38 CONTAX Distagon T* 15mm F3.5AE

CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE
F5.6 1/400秒 ISO64

皆様こんにちは!

「今再びのCONTAX」です。

今回はヤシカコンタックスマウント最広角レンズ
Distagon T*15mm F3.5 AE
をご紹介します。

CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE×SONYα7II
何はともあれ、目につくのは前玉!
見ただけでワクワク感がとまりません!!!

早速、見ていきましょう!

CONTAX  Distagon T*15mm F3.5 AE
F8 1/60秒 ISO64

CONTAX  Distagon T*15mm F3.5 AE
F8 1/320秒 ISO64

大きな建築物をダイナミックに撮影出来るのは超広角ならでは!
α7IIの歪曲収差補正を『切』で撮影しているのですが、
周辺までしっかりと描写されています。

CONTAX  Distagon T*15mm F3.5 AE
F3.5 1/80秒 ISO64

撮影最短距離が0.16m。
最短距離で撮影しようとするとレンズ先端から1~2cm程しかないので、
ぶつからないように注意が必要です。

CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE
F3.5 1/800秒 ISO64 F8 1/200秒 ISO64

開放では条件によっては周辺光量落ちが見受けられ、
F8まで絞り込むとかなり改善されます。
フローティング機構内蔵されているのでピント面の描写は抜群です。

CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE
F5.6 1/125秒 ISO200 F5.6 1/100秒 ISO200

レンズにフィルターが4種類(UV、赤、黄、青)が内蔵されています。
左はUVフィルター、右はレッドフィルターに切り替えて撮影。
レッドフィルターをかけると濃くなり、
背景の空がレッドフィルターの方は空と雲の境目がわかるのが確認できます。

CONTAX Distagon T*15mm F3.5 AE
F3.5 1/160秒 ISO100

この写真はα7IIのAPS-Cサイズ『入』でクロップしてを撮影しました。
35㎜判換算で約22.5㎜相当なので、
フルサイズだけではなくAPS-C機でも超広角を十分楽しめます。
これからの季節、花の撮影をマクロや望遠レンズを使われる方が多いと思いますが、
超広角レンズで寄って撮るのも楽しいですよ!

それでは次回もお楽しみに!

今再びのCONTAX!シリーズバックナンバーはコチラ!↓




中古商品をよりお得に手に入れるチャンスです!!!
↓是非、こちらもチェックしてください!↓

ご好評につき復活しました!
36回払いまで金利0%の超金利ショッピングクレジット!
↓詳しい内容は下記のバナーから↓

〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年02月09日 16時45分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP