大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

PENTAX67、通称”バケペン”と呼ばれるこのカメラ。
一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで
お化けの様だと例えられ、長く愛される6×7の中判機。

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

その中でも今回取り上げる67IIは、
AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの
使用が可能なところが最大のポイント。
これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に
テンポ良く速写が可能になります。
測光モードも3種類切替可能。露出精度も非常に高く、カメラ任せで
しっかり結果も残してくれる頼もしい1台。

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

ファインダー内もデジタル表示になり、
先代のTTLファインダーは横に露出確認用の針が置いてあるだけのシンプルなものでした。
しかし67IIでは他社のフィルム一眼レフに近いインターフェイス。
フィルムカウンターもご覧の通り。

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

中判カメラには様々なフォーマットサイズがあります。
使いやすさと機動性を両立した6×4.5、正方形の真四角が印象的な6×6。そして今回の6×7。
その特徴は撮影後のネガの迫力ある大きさや、情報量の多さも挙げられますが
筆者としては「明確な目的は無いが、ふと”撮りたい”と思ったら撮る」場合に
この6×7フォーマットが何故か丁度良くフィットします。

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

場所の気配や、漠然と見えつつも明確には決まらないもの。
6×7になると何故かそれがある感覚はやはり他のフォーマットには無い大きな魅力です。紅葉も関東はこれからの所も多く、中判の醍醐味を味わえるシーズン。皆様もこの機会に6×7の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。紅葉を活かしたポートレートや、ダイナミックな風景撮影に、この67IIは存分に活躍してくれるでしょう。




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:19年12月03日 20時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP