StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

新品・中古人気アワード 〜 Vol.1 新品・中古デジタルカメラ ランキング 〜

新品・中古人気アワード 〜 Vol.1 新品・中古デジタルカメラ ランキング 〜

2019年も残すところ1ヶ月少々となりました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回は2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリーなど、各カテゴリーにおいてお客様に選ばれたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただければと思います。

新品デジタルカメラランキング

毎月更新している『新品・中古デジタルカメラ人気ランキング』をご覧のお客様は、容易に想像できたと思いますが、2019年の1位は「SONY α7III」でした。 昨年10月25日に、Canonのフルサイズミラーレス「EOS R」が発売され、三メーカーによる熾烈なミラーレスのシェア争いが期待されましたが、いざ蓋を開けてみればSONYが常に上位を独占。特にα7IIIの人気が高く、12ヶ月中で10回もベスト3にランクインしました。 4種類あるソニーのフルサイズミラーレスカテゴリーの中では「Basic」に分類されているα7IIIですが、フルサイズミラーレス界をリードしてきたソニーだけあって、3代目にして誰もが認める完成域に到達。性能と価格のバランスが良く息の長い人気機種となりました。

第2位は打倒SONYの対抗馬、前記の「Canon EOS R」です。 2018年11月、デビュー早々で1位に輝き、翌月は2位。徐々に順位は落としつつも、トップ10の常連として1年を盛り上げてくれました。この安定感の高さは、さすがEOSブランドと言ったところでしょうか。

第4位は「Nikon Z6」。SONY同様、高画質モデルの「Z7」を抑え、オールラウンドモデルのZ6が上位にランクインです。 そしてフルサイズミラーレス対決に割って入ったのが、第3位の「RICOH GR III」です。今年もミラーレス一眼カメラに割って上位に入るコンパクトデジタルカメラが数多くありましたが、その中で1番特徴的なモデルと言えます。 フルサイズミラーレスは、高画素過ぎずバランスの良い2000万〜3000万画素クラスのモデルが人気の一方、コンパクトデジタルカメラは高画質を追求した高級モデルが人気という、面白い傾向が露わになりました。

中古デジタルカメラランキング

中古デジタルカメラも「SONY α7III」が1位を獲得。新品、中古の両方で1位という快挙を成し遂げました。こちらも12ヶ月中、ベスト3を逃したのが2回だけという圧倒的な人気での1位獲得です。 毎月のコメントでもお伝えしているとおり、中古の人気は在庫数に大きく影響されます。手放す理由はそれぞれあると思いますが、新製品へのお買い替えや3位の「α7RIII」や7位の「α7RII」など、高画素モデルの人気を考えると、より高画質を求めた乗り換え需要が多かったことを裏付けています。 そして2位も同じくα7シリーズのBasicモデル「α7II」。旧モデルになっても見劣りしないスペックから年間通して常に人気がありました。

4位以降は一眼レフカメラの奮闘が目立ちます。ミラーレス人気により価格が下がった影響もあると思いますが、いずれもフルサイズ機やAPS-Cセンサー機でも上位モデルと呼ばれるモデルが大半。ミラーレスのFUJIFILMでも「X-T2」「X-Pro2」「X-H1」と上位機の名が並ぶことから、中古カメラは質感の良い高スペック機の注目が高いようです。マップカメラの中古商品は、いずれも厳しい点検をクリアしたうえで1年の保証付き。憧れの上位機種も安心して長く使いいただけます。

中古部門でもフルサイズミラーレスの波が徐々に高くなりつつあります。毎日大量の新着中古品もありますから、欲しい商品をじっくりお探しください。しかし中古商品は全て1点もの。見つけたらお早めにご検討ください。

新品・中古人気アワード Vol.7 欲しいリスト 一眼レフレンズランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.6 欲しいリスト ミラーレスレンズランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.5 欲しいリスト デジカメランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.4 カメラアクセサリ ランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.3 一眼レフ用レンズ ランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.2 ミラーレス用レンズ ランキングはこちらから

[ Category:etc. | 掲載日時:19年11月15日 20時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP