StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
波と、つながる

2021年の夏、私たちMapCameraは27周年を迎えました。
これもひとえに、日頃ご愛顧いただいている皆様があってこそのこと、いつも本当にありがとうございます。
今年はマップカメラで働くスタッフ一人一人が、27周年にちなみ「○○と、つながる」というテーマでバトンを“(27)つな”ぐことに。

「屈指のカメラ好き」は数居れど、撮るもの、撮る目的は十人十色、否、百人百色とも言えるほどに多様であるはず。
夏休みを思い出すような思い出の毎日から、少しずつお時間を拝借いたしまして「カメラが人とモノを繋ぐ様」をご覧いただこうと思います。

ファインダー越しと表現される世界は隔たれているわけではなく「繋がっている」という事を実感していただけたのなら私達も嬉しい限り。
個性派揃いの全45回、今夏のお供にどうぞ。

第40回「波と、つながる」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

何か継続して撮り続けているものはないか…と考えた末に、テーマを「波」にしました。
ゆらゆらと揺れ、寄せては返すの繰り返し、見ているだけで癒されます。
「波」を撮るようになったのは数年前、とある写真家がオアフ島の海を継続的に記録した作品集を見てからです。
柔らかな、それでいて深く底が見えないようなブルー、フィルムカメラを持って波を見に行くきっかけとなりました。

さっそくPENTAX 67を手に入れ、撮影したのが1枚目の写真です。
波を見に行くようになった思い出深い一枚です。

2枚目はLeica M4で撮影したもの、
浜辺に三脚を立ててフィルム一本まるまる同じ構図で波の様子を撮り続けました
その中で一番気に入っているのがこのカット、手前のきめ細かな泡と押し寄せる波がお気に入りです。

3枚目はHASSELBLAD 503CXとKODAK PORTRA 400で撮影したもの、
撮影するたびに己の水平感覚を問われているようなカメラでした。
普段は35mm判のフィルムを使用している筆者としてはの6×6のフォーマットがとても新鮮に感じました。
深いブルーと柔らかな泡の描写がとても綺麗です。

4,5枚目の写真は35mm判フィルムを2カット分使用して横長のパノラマ写真を撮る事ができるFUJIFILM TX-2とTX90mm、
フィルムはKODAK EKTACHROME(エクタクローム)100 で撮影したものです。
高台から見下ろすように撮影したことを覚えています。
エクタクロームの青はなんだか特別な感じがします。
パノラマ撮影したフィルムは現像所によってはカットしてもらえず、
長巻で現像から戻ってきたフィルムを巻物のように広げた時の高揚感には胸が躍ります。

6~9枚目の写真は少し前に訪れた松島、
波の穏やかなリアス式海岸内にたくさんの島が点在している名所です。
「ああ松島や」の句が松尾芭蕉のものでないことを最近知りました。

6枚目のみLeica M4で撮影したもの、残りはFUJIFILM GFX50Rの横長フォーマット、65:24のアスペクト比で撮影しました。
船がおこす荒々しい波、船内から眺める波、波の浸食によってなだらかな曲線を描く島、
船に乗ることなどめったにない筆者にとってはどれも新鮮でした。
3枚目の写真は島にかわいらしい鳥がいることに気が付き、FUJIFILM GF50mmで撮影したものを大幅にトリミングしたのですが
しっかりとディティールも残っておりラージフォーマットの偉大さを感じさせます。

10、11枚目は一昨年のお正月に訪れた逗子の海です。
とてつもなく寒く、防寒対策をしたにも関わらず、凍えながら夕焼けを眺めたのを覚えています。
苦労して撮った写真というものは自分の中でも重みがあります。
その時のことを思い出しながら思いにふけるのも楽しいひと時です。

波の写真を撮るためにPENTAX67、FUJIFILM GFX50R、FUJIFILM TX-2など様々なカメラを使用してきましたが、
必ず鞄に忍ばせるのはLeica M4です。シンプルな操作で使えば使うほど手に馴染みます。
レンズはLeica ズマロンM35mm F2.8、無限遠ロックが心地よいです。
最近暑さのせいかフィルターが外れなくなりましたがM4の良き相棒となっています。
ストラップはARTISAN&ARTISTの別注シルクストラップ ACAM-301R 京紫、ブラッククロームのボディによく似合います。
このたび追加生産されましたのでこの機会にぜひ。

さて、マップカメラスタッフがバトンを“(27)つな”ぐ連載ブログ、残りもう少しというところです。
次回もお楽しみに!

↓バックナンバーはこちらから↓

↓今回の記事で使用した機材はコチラ↓

M4と共に愛用しているものです。Kodakのフィルムケースが相性抜群です。

軽量なラージフォーマットカメラ、クラシックネガのフィルムシミュレーションが最高です。

[ Category:FUJIFILM Leica | 掲載日時:21年08月26日 12時16分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE みんなのしあわせフォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP