StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
珈琲と、つながる

2021年の夏、私たちMapCameraは27周年を迎えます。
これもひとえに、日頃ご愛顧いただいている皆様があってこそのこと、いつも本当にありがとうございます。
今年はマップカメラで働くスタッフ一人一人が、27周年にちなみ「○○と、つながる」というテーマでバトンを“(27)つな”ぐことに。

「屈指のカメラ好き」は数居れど、撮るもの、撮る目的は十人十色、否、百人百色とも言えるほどに多様であるはず。
夏休みを思い出すような思い出の毎日から、少しずつお時間を拝借いたしまして「カメラが人とモノを繋ぐ様」をご覧いただこうと思います。
ファインダー越しと表現される世界は隔たれているわけではなく「繋がっている」という事を実感していただけたのなら私達も嬉しい限り。
個性派揃いの全45回、今夏のお供にどうぞ。

実は、私にとって珈琲は踏み入れたばかりの趣味の世界。
一番最初に「楽しい」と感じてから、いままで知らなかったものを徐々に知り、感じなかったものを少し感じるようになってきた。
趣味としてもしかすると一番楽しいと言ってもいいかもしれない、そんな時期。

・・・

お気に入りはケニア産の豆、いくつか試しましたがハズレ知らずです。
フルシティローストに焙煎したもらった豆を少し荒めに挽き、気持ち高めの温度で淹れるのがマイブーム。
こうして何種類かの条件で一杯の珈琲ができあがる様を、「写真と一緒やな」と思っていつも楽しんでいます。



豆を選んで焙煎、抽出方法を決め、使う器具、湯温、挽き具合、抽出時間を選び、そして出来上がった一杯のコーヒー。
フィルムを選び、使うカメラを決め、被写体との距離、シャッター、絞り、構図を判断、こうして撮れた一枚の写真。



自分で撮る、一本目のフィルム。
自分で淹れた、一杯目の珈琲。
真っ暗だったり、酸味が強かったり。
思いっきりブレていたり、トゲトゲした癖があったり。

その全てが目新しくて、その全てが面白くて、完璧とはおよそ言えないまでもとにかく楽しくて、
なにより「この一枚、この一杯を自分で作ったんだ」という体験がとても愛おしく思います。

傍にいつもカメラがあるのは、そんな瞬間を残したくて、そう、作品というよりもその「時間」を残したくて。

そうは言っても、冷め切ってしまう前に美味しく飲み切りたいドリップコーヒーの時間。
いざ過去の写真を振り返ってみたところで、思ったよりカップの写真は残ってませんでした…というオチ。

自分の凝り性なところをもう少し柔らかくしてあげて、もっと気軽に「好き」と繋がるべきなのかもしれません。
これから過ぎ行く全ての時間には、等しく残す価値がありますから。

・・・

今日から8月。
「あれ、夏ってまだこれ以上暑くなるんやったっけ…?」
と、過去の記憶を辿りながら、大汗をかいたグラスで飲むアイスカフェラテの美味しいこと。

今月末までこのシリーズは続きます。
熱中症にはくれぐれもお気をつけて、明日以降も楽しみにお待ちください。

それでは。

 

[ Category:SIGMA | 掲載日時:21年08月01日 19時45分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP