航空祭を撮ろう!!(三沢編)

※2013年9月のブログです。

9月15日(日)青森県三沢市にる航空自衛隊三沢基地航空祭に行ってきました。
三沢基地は航空自衛隊だけではなく、米空軍第35戦闘航空団も駐留し共同使用
している為、例年だと自衛隊機だけではなく、米空軍のF-16やB-52等の米軍機
の飛行展示も合わせて楽しめる為、人気の高い航空祭です。
本年度は、アメリカ政府の支出強制削減策の為、米軍は地上展示のみとさびしい
ところですが、ブルーインパルスが2年ぶりに三沢の空に帰って来たのです。
展示飛行の始まる9時前からはぽつぽつと雨が降り出しました。
オープニング飛行の為、滑走路上ではF-2戦闘機6機とブルーインパルスも使用して
いるT-4ジェット練習機が4機離陸の為に待機。
F-2戦闘機が2機づつ続けて離陸すると残りの2機は掩体壕に戻って行き、T-4が2機離陸すると、
残りのT-4も戻ってしまいました。
やはり、天候不良で展示飛行の内容が変わってしまったようです。
その後も、雨が強くなったりでF-15やF-2の飛行中止や内容の変更が相次ぎました。
航空祭の展示飛行が中止になるなか、同じ滑走路を三沢空港として民間機も使用
している為、旅客機が水煙を上げながら時折離発着を繰り返すのが見れるのも
自衛隊と民間が共同しようしている三沢ならではです。
午後からは、待ちにまったブルーインパルスの曲技飛行でしたが、飛行前に雨が一段と強くなり、
結局中止と残念な結果になってしまいました。

0085126927226
F-2戦闘機

0085126737559
T-4練習機

0085126737566
JAL旅客機

当日の機材はPENTAX K-5SIGMA APO 150-500mm F5-6.3DG OS HSM

ちなみに下記は、以前三沢基地航空祭を撮影したものです。
0085126927233

航空自衛隊 T-4練習機(ブルーインパルス)

0085126737542
航空自衛隊F-2戦闘機


F-2の模擬対地攻撃に対して、迎撃する20mm機関砲。


航空自衛隊 UH-60救難ヘリコプター


アメリカ空軍B-52爆撃機


アメリカ空軍F-16戦闘機

航空祭は航空機を真近に楽しめるだけではなく、地元の名物の屋台や自衛隊グッズなど買い物も出来ますよ。

興味を持って頂いた方、三沢の航空祭は終わってしまいましたが、まだまだ各地で続きます。
関東近郊なら、11月3日(日)に埼玉県狭山市で入間基地航空祭が開かれます。
当日は、西武池袋線稲荷山公園駅のホームから直接基地に入れるなど交通の便も非常に良い航空祭です。

東海地方にお住まいなら11月24日(日)の岐阜基地航空祭がお勧めです。
飛行開発実験団がいる岐阜基地は航空自衛隊が現在使用している殆どの航空機を見る事が出来ます。
カナード翼を取り付けフライ・バイ・ワイヤシステムの飛行データ収集の為に作られたT-2 CCV機や
現在開発中の次期ジェット輸送機のXC-2など他で見る事が出来ない貴重な機体も地上展示されています。 
その他各地で、まだまだ航空祭は続きます。
望遠レンズを持って出かけましょう!
もちろん望遠レンズが無くても大丈夫。
各航空機の地上展示があります。
地上展示機を撮影の際は、少ししゃがんで下から見上げるような感じでカメラを構えて頂くと迫力ある写真が撮れます。


[ Category:etc. | 掲載日時:13年09月17日 17時55分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP