StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

週刊カメラーズ・ハイ!【アーカイブス】『こだわりと機動性の PENTAX 645』

┳★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃週刊カメラーズ・ハイ!【アーカイブス】『こだわりと機動性の PENTAX 645』
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

~こちらの記事は2010年06月10日に掲載されたものに加筆、修正しております~

1969年、旭光学工業初となる中判カメラ『ペンタックス6×7』は、

プロユースを意識した大判一眼レフの需要を見込んで製品化されました。

発売当時、中判フォーマットによる解像度の高さはもちろん、機動性と信頼性の高さから風景写真家に支持されました。

それから15年後の1984年に、6×7判より小さい6×4.5cm判カメラ『ペンタックス645』が発売しました。

「スーパーフィールドカメラ」というコンセプトで開発された645は、35mm一眼レフなみの操作性と機動性をそなえたカメラとして、

風景写真家や鉄道写真家達から圧倒的な支持を受け続けています。

フィルム面積では6×7判には及ばないものの、35mm判に比べて2.7倍という大きさを持っています。

本体も当時の35mm一眼レフに比べて、さほど変わらない大きさに仕上がったのも支持された一つと言えます。

開発当初はハッセルブラッドのような形も検討されていましたが、

最終的には横長フレームに適した縦型フィルムバック式が採用され製品化されました。

独自のプリズムとアイピースを採用。ホールド性の高いグリップも装備することで、他社よりも安定した撮影が可能になっています。

6×6cm判のハッセルブラッドでは交換可能なフィルムバックも、645では途中交換は出来ません。

これは構造の単純化による小型軽量化と、耐久性の向上のためと言われています。

交換レンズ群も専用のSMCペンタックスA645のみならず、

アダプターを介して67シリーズ用も使用出来るよう視野に入れて設計されています。

現在では、オートフォーカスを含む各種接点を装備した645AFマウントのFA645レンズ群へと進化を遂げてきました。

■ペンタックス645 -1984年6月発売-
 1.5コマ/秒の連続撮影が可能。
 シャッター速度は電子制御による最高1/1000秒。
 マニュアルフォーカス中判カメラ。

■ペンタックス645N -1997年12月発売-
 6×4.5判として世界初のオートフォーカス機構を搭載。
 他社の645カメラに大きな影響を与えました。
 645の1.5コマ/秒から2コマ/秒へと高速化。
 第15回カメラグランプリ受賞。

■ペンタックス645NII -2001年10月発売-
 ミラーアップ機構を装備。
 カスタマイズ機能を追加し撮影目的に対してより使い易さを追求。


    【645D】                   【645D japan】    

【デジタルへの移行】

2010年6月11日にPENTAX初となる44×33mmの大型CCDを搭載した645Dが発売されます。

有効画素数 約4,000万画素の脅威の解像度を実現したことで、細部まで忠実に再現しています。

35mmフルサイズでは味わえない中判カメラならではの表現力を、思う存分堪能出来る逸品です。

また、2011年7月9月20日にはカメラグランプリ2011大賞受賞記念となる完全受注生産モデル『645D japan』が発売。

外装には、坂本乙造商店(福島県会津若松市)が開発した漆塗り手法が採用され、

黒漆をベースに何種類もの銀箔をちぎり絵のように貼り込み、ボルドー着色塗装が施されています。

1台1台が手作りのため、製品ごとに微妙に異なる風合いを持つのも特徴です。

2014年6月27日に645Dの後継機645Zが発売。

有効画素数を4000万画素CCDから5,140万画素CMOS変更され、より高画素化モデルへと進化。

センサーはよりCCDからCMOSセンサーされたことで、ライブビュー撮影や動画撮影など幅広い撮影が可能になりました。

液晶モニターはペンタックスのデジタル一眼レフで初のチルト可動に対応したことで、

ハイ/ローアングルでも液晶モニターを見ながらの撮影が可能に。

645Dでも十二分過ぎる性能がより進化し、そして使いやすくなりました。

後継機にふさわしい装いはプロアマ問わず十二分に納得のいく写真を撮影することができます。

※645D/645Zは645判より撮影範囲は小さくなり焦点距離も異なります。
例:D FA645 55mmF2.8 AL[IF] SDM AW
・35ミリ判換算では55mmx0.8=44mm相当になります。
・645フィルム換算では55mmx1.3=72mm相当になります。
PENTAX 645Dホームページより参照

————- PENTAX 645D作例写真 ————-

null
画像をクリックで拡大

null
画像をクリックで拡大

null
画像をクリックで拡大

【USED】PENTAX (ペンタックス) 645フィルム一眼レフカメラ

【USED】PENTAX (ペンタックス) 645デジタル一眼レフカメラ

カメラーズ・ハイ

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:14年12月30日 18時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP