StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

週刊カメラーズ・ハイ!【アーカイブス】『機能的な機械は美しい ライカM4』

┳★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃週刊カメラーズ・ハイ!【アーカイブス】『機能的な機械は美しい ライカM4』
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

~こちらの記事は2010年04月15日に掲載されたものです~

ライカM4は、M2をベースとして開発されました。

M2は製造コストの掛かるM3をベースに、普及機として開発。

完成させるにあたり、大きな変更点としてファインダーの簡略化が図られました。

M3のほぼ等倍で50mm・90mm・135mmのフレームを、

実用性の高い35mm・50mm・90mmと倍率を下げることで、プリズム系の製造工程を簡略化。

しかし、常に視野にあった50mmフレームは、各レンズのフレームのみが見えるように変更されました。

フィルムカウンターについては、裏蓋を開けることによる自動復元は省略され、手動式となっています。

初めはM3の普及型を目指したM2でしたが、製造台数が増えるに従い完成度も上がり、逆にその技術をM3に

フィードバックさせている部分も見られるようになり、

ついには「製造終了に近い機番のものは、M3の性能を超える」と言うユーザーも現れました。

M4はもはやM3の簡略化の流れではなく、

実用性と速写性、そして機能美に優れた当時のライカ社の技術を結集させた、最高のカメラとなりました。

M3の等倍に近い高精度のファインダーではないものの、35mmから135mm(75mmは除く)までのフレームをカバーし

(のちのM4-Pにおいて28mmフレームを搭載)、M2-Rで培ったフィルム装填を簡単・確実なものにする

ラピッドローディングを一歩進めた、巻き上げ軸やクランクによる巻き戻しシステムを採用。

巻き上げレバー形状の改良などにより、すべてのユーザーにとって容易で迅速、かつ確実な撮影を

可能にした、現在でも操作面において完成度の高さをうかがえるモデルです。

M4は1967年の発売から1984年のM6に移行するまで、約17年間にわたり数多くのモデルを発売。

軍用のオリーブ、各種記念モデルなど、その時代背景に常に関わってきたカメラでもあります。

Leica M4カメラボディのお買い物は⇒商品詳細

週刊カメラーズ・ハイ!

[ Category:etc. | 掲載日時:14年07月15日 18時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP