StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

週刊カメラーズ・ハイ!第7回 『Leica M Monochrom』

┳★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃週刊カメラーズ・ハイ!第7回 『 Leica M Monochrom 』
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

null

フィルムカメラ愛好者に衝撃を与えた、Kodak製フィルムの価格改定。

今後、モノクロフィルムの代名詞である『TRI-X400』も、大幅に値上げされる見通しだ。

理由は、原材料高騰と世界的な需要減。

デジタルカメラ全盛期の今。

カメラを持てば誰でも簡単に写真が撮れる時代。

手間と時間、そしてコストが掛かる、フィルムには厳しい風が吹いている。

そんな中、筆者もライカにTRI-Xを通し続け、微力ながら支持を続けている一人だ。

しかし、「デジタルカメラでは自分の思い描く世界は撮れない」と頑なに信じ続けていたフィルム派の私が、

今から一年半前に手にしてしまった、新しい選択肢。

それが、『Leica M Monochrom』である。

null

そう・・・フィルムカメラでは無く、デジタルカメラである。

しかし、搭載しているイメージセンサーは通常にあらず。

ローパスフィルターおよび、色情報を読み取るカラーフィルターを非搭載。

モノクローム撮影専用設計。

光の輝度情報のみを記録する事に特化したCCDセンサーが織り成すのは・・・

純粋なモノクロ写真

null

デジタルカメラで撮ったと俄かに信じがたい階調表現。

その逆に、フィルムでは為しえなかった驚愕の解像力。

null

撮影したデータを現像ソフトで処理する際は、ネガフィルムを紙焼きする暗室作業と同様だ。

シャドーからハイライトにかけての丁寧な調整作業。

モノクロフィルムと散々付き合った方なら、親和性は高いはず。

明るい部屋でパソコンに向かっていると、付属する現像ソフト、Adobe「Lightroom」のネーミングが秀逸だと再確認させてくれる。

null

現像ソフトのスライダーを少しでも動かすと浮き上がる、シャドー部に隠されていたもの。

そこには、フィルムとも、従来のデジタルカメラとも違う、全く新しい世界が広がっている。

null

脈々と受け継がれたレンジファインダーシステム。

もちろん、今までフィルムで撮影に用いてきたレンズは、一部を除いてそのまま活用が可能だ。

シルバーのカラーバリエーションも増え、デジタルカメラとしては息の長いプロダクトとなりそうだ。

フィルムライカも使いつつ、一つの“可能性”に触れてみてはいかがだろうか。

Leica M Monochrom  お買い物は商品詳細から。

カメラーズ・ハイ

[ Category:Leica | 掲載日時:14年06月10日 19時25分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP