StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

週刊 カメラーズ・ハイ!第31回『星野に誘うPENTAX MX』

┳★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃週刊 カメラーズ・ハイ!第31回『星野に誘うPENTAX MX』
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

PENTAX MX
1976年11月発売の機械式シャッター搭載の一眼レフカメラです。
当時オリンパスからは小型機械式シャッター搭載のOM-1(当初、M-1と言う名称でしたが、ライカからのクレームでOM-1に名称を変更)
がありましたが、そのOM-1に対抗して小型・軽量を目指して作られたカメラです。
交換可能なフォーカシングスクリーン、ワインダーやモータードライブ、長尺マガジンなど
PENTAXのフラッグシップカメラ LXにも引けを取らない豊富な専用アクセサリーが用意されていました。

1980年にPENTAX LXが満を持して発売されるまで、機械式カメラの信頼性と豊富な専用アクセサリー群で、
MXはPENTAXのフラッグシップ機的存在だったのです。


ワインダーや交換式フォーカシングスクリーン、67レンズアダプターK。


アダプターで、67レンズを取り付けたところ。


MX+67レンズアダプター+smc 67 135mmF4マクロ(フィルム:フジフイルムSUPERIA PREMIUM 400)

タイトルで星野に誘うと書きましたが、小型・軽量で電池を使用しない機械シャッターを搭載し、
交換可能なフォーカシングスクリーン(具体的には十字線透過式スクリーン)が用意された。
PENTAX MXは80年代前後、多くの天文ファンを魅了するカメラでした。


アンドロメダ大星雲と流星(高橋製作所P-2赤道儀で自動追尾)
PENTAX MX+TAMRON SP 200mmF3.5(フィルム:コダックスペクトロスコピック103a-E)


日光・男体山から昇るハレー彗星(高橋製作所P-2赤道儀で自動追尾)
PENTAX MX+TAMRON SP 200mmF3.5(サクラカラーSR1600)


木星
PENTAX MX+高橋製作所MT-100(10cm反射望遠鏡)+Or7mm(アイピース)拡大撮影法(フィルム:コダックT-MAX400)

私にとって、PENTAX MXは31年前に初めて手にした本格的カメラでした。
露出もピントもマニュアルのみ、カメラ任せに出来ない事から絞りやシャッタースピードによる写真の変化など、多くの事をMXから学びました。
今尚、私にとって「PENTAX MX」は特別なカメラなのです!

正式名称:アサヒペンタックス MX
発売年:1976年
形式:TTL露出計内蔵35mm一眼レフカメラ
ファインダー:銀コートペンタプリズムファインダー(倍率0.95倍/視野率95%)
シャッター:機械式布幕横走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:B.1秒~1/1000
露出計:中央部重点測光。表示、3色LEDによる適正露出合わせ。
感度設定:ASA(ISO)25~1600
マウント:ペンタックスKマウントレンズ
電池:LR44 X 2個。もしくはSR44 X 2個
サイズ:W135.5×H82.5×D49.5mm
重量:495g

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:14年12月30日 18時42分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP