【マップカメラ鉄道倶楽部RailMap】雨の鉄道博物館

たまのお休みは、そろそろ梅雨の気配を感じる生憎の雨模様。
たまには雨を避けて室内で鉄道写真をと思い、久しぶりに埼玉県大宮の鉄道博物館に行ってきました。
鉄道博物館
雨を避け多くの方が来てるのかと思いきや館内はガラガラ。
内覧会にも関わらず、碌に見れなかった2ヶ月前の「リニア・鉄道館」の鬱憤を晴らすべくゆっくりと見学でき
ました。

そんな中、博物館のすぐ脇を汽笛を鳴らしてSLが走り抜けていきます。
走って行ったその先を見てみると、室内の転車台に乗るC57型蒸気機関車と同型機の180号機が試験運転を行っ
ていました。
C57型180号機
C57型180号機は磐越西線で「SLばんえつ物語号」として活躍している蒸気機関車で、6月からの運用に向け
すぐ側の大宮工場で整備を行っていたようです。

最初は屋根のある軒下で撮影を行っていましたが、今回は新たに用意した「雨からカメラを守る秘密兵器」があ
りますのでアイテムを装着し、いざ外へ。
辺り一面が真っ白に
雨が降っていると湿度が高いので蒸気がいつも以上に白く広がり、辺り一面真っ白に。
折り返し作業で一時停車
鉄道博物館の広場前で折り返し作業を行うため一時停車。
テラスから
一時停車の隙を狙って屋上のテラスから。
転落防止のガラス窓に付いた水滴が邪魔をしましたが、側面からは見られないタンク車の石炭まで見ることがで
きました。

レインスリーブ

雨を避けて来た場所での予想外のイベント。
秘密兵器「レインスリーブ」のおかげで雨濡れを気に
せず撮影ができました。
やっはり展示車両と実際に動いているのを比べてしまう
と、その迫力は実車にはかないませんからね。
「備えあれば憂い無し」まさにそれを実感した1日でした。

使用機材:
Nikon D700
AF-S ED28-70mmF2.8D
OP/TECH レインスリーブ

[ Category:未分類 | 掲載日時:11年05月14日 18時06分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP