StockShot

  • タグ一覧
  • 検索

【FUJIFILM】X-T1とフジノン XC50-230mm F4.5-6.7 OIS で撮る

FUJIFILMのXシリーズ。
現状では望遠レンズのラインナップが
新発売された
FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XC50-230mm F4.5-6.7 OIS

の3本だけにとなっており、230mm(35mm判換算300mm)を超える
望遠レンズは登場していません。

いずれは登場するであろう望遠レンズを心待ちにしつつ
今回は
FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
で気軽にぶらりな散歩に出掛けてきました。

重量はたった375gなので、カメラに着けても
重さを感じる事のない軽量望遠レンズです。

230mmテレ側だとF値も6.7。
ボケないかな?と思いましたがピントの合ったポイントはシャープで期待以上のボケ感も出ました。
出来るだけ被写体との高さを揃えて撮ることで
ボケを作り出すことが出来ます。

FUJIFILMにはフィルムメーカーとして
長年培ってきた経験と知恵によるフィルムシミュレーションという
カラーモードがあります。
フィルムカメラを使っていた頃を思い出すと
プロビア、アスティアを好きに選んで写真を撮れるというのは
贅沢な気持ちになれます。

今回はRAW画像をadobe Lightroom で現像しています。
adobe Lightroom ではFUJIFILMのフィルムシミュレーションを
サポートしており、JPEG主体の撮影からRAW撮影にも
力を入れやすくなったと思います。
※厳密に言うとJPEG画質とは異なりますが、RAW現像が
飛躍的に楽になったという点がとても素晴らしいですね。

上記の一枚はLightroomでベルビアに現像。

シャッタースピードを1/2000にして撮影。
X-T1はデジタルカメラでありながらアナログな操作感になっています。
シャッターを切る音は好き嫌いがありますが、私個人としては
切るたびにちょっとした満足感を得られました。

普段使いとしては使わないかもしれませんが
いつもなら気づかない、見落としてしまっている被写体の様子を
知るきっかけになると思います。

望遠の良いところは普段は近づけない場所やモノに
近づいて見れる事ですが、その分画角が狭まる為
被写体の背景を気にする必要があります。

なるべく同じ目線で撮ったり、背景との距離をなるべく取る、
アプローチの仕方が全く違うので戸惑ってしまうかもしれませんが、
広角にはない大胆な切り取り方が出来る望遠は使っているとどんどん楽しくなってきます。

少し遠めから撮るのもよし

近づいたら確実に逃げてしまう小動物には
望遠はなくてはならないレンズです。

なんだかんだと書きましたが
X-T1 に着けるなら単焦点を着けるのが多いと思います。
私も今回はXF 56mm F1.2 のお供に連れていきました。
XF56mm F1.2 だけでは撮れない世界を一緒に撮れるというのは
限りある写真日和の中では有難いものでした。

旅行に持っていくにも、重さを気にする必要もないので
レンズラインナップに入れてみては如何でしょうか。

話題の先取交換も是非ご活用ください。
(※ショッピングクレジットとの併用は出来ません。)

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


少しでもお得で安心で安全なお買い物をしていただくのがマップカメラのこだわりです。
ネットでも安心して中古商品をお買い上げいただけるように念入りな検品迅速かつ丁寧な梱包での発送を徹底しております。

↓↓バナーをクリック!!↓↓

〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:15年01月11日 20時40分 ]

LINEで会員登録マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP