StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
2020年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

新品デジカメ11月ランキング
1位 FUJIFILM X-S10 ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7C ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon Z6II ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α7SIII ミラーレス一眼カメラ
5位 Canon EOS R6 ミラーレス一眼カメラ
6位 Panasonic LUMIX DC-S5 ミラーレス一眼カメラ
7位 OLYMPUS OM-D E-M1X ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
9位 FUJIFILM X-T4 ミラーレス一眼カメラ
10位 DJI DJI Pocket 2 ウェアラブルカメラ


FUJIFILM X-S10

11月19日発売のFUJIFILM X-S10が、2位以下を大きく引き離して初登場1位を獲得しました。
バッテリー・SDカードを含めても約465gという軽量ボディながら、最高5軸6段という強力な防振ユニットを搭載。
また、ハイエンドモデルX-T4と同等のセンサー・画像処理エンジンを備え、同じく最速0.02秒の高速AFも実現するなど、小さなボディにこれでもかというくらいの高い性能を積み込んだカメラ、売れないはずがありません。
ご予約時から注目度も高かったのですが、他メーカーのように供給不足になることなく、潤沢に入荷。また発売後の評判の良さもあり、今回の首位獲得に至りました。

2位には、先月1位のSONY α7Cが入りました。ブラック・シルバーとも28-60mmレンズキットの売れ行きが良いのが特徴。
コンパクトなボディにコンパクトなズームレンズの組み合わせは、これからフルサイズ機を始めようという方に最適で、評判の高さにつながっています。

その2位に本当に僅差で及びませんでしたが、3位に11月6日発売のNikon Z6IIが。
外観こそ前モデルから大きな変更はありませんが、中身は確実に進化しています。
新しい画像処理エンジンを搭載することで、高速連写性能や処理性能が大幅に向上。また低輝度でのAF精度もアップし、撮影領域も格段に拡張されました。
ユーザーのニーズに応える堅実な性能向上が受け、発売後じわじわと人気が高まり現在に至っています。
ただ、NikonのZシリーズというと当ランキングで勝手に「悲運のカメラ」と位置付けてしまったZ50のことが頭をよぎります。
昨年11月発売時、同じく11月発売のライバル機SONY α6600に1位を譲ってしまって以来5か月間、上位の評価を得ながら結局1位を獲得できなかったという前例があります。奇しくも同じ11月発売、またもやライバル機に上を行かれてしまいましたが、果たして今度は巻き返しなるか? X-S10、α7Cとの対決も見ものですが、上位モデルZ7IIも12月発売予定ですから、次回のランキングでの首位争いは熾烈を極めそうです。

続いて、ここにきてようやく供給が安定してきたSONY α7SIIIが4位にランキング。
しかし月初の品薄状態も響いてか、販売台数的には3位までに大きく差を開けられています。
次回以降、どのような販売傾向を示すか興味あるところです。

5位にCanon EOS R6。こちらは、一時期ほどひどくはありませんが、まだ完全に供給が安定したとは言えないところです。
その兄弟機EOS R5に至っては… 長く続く供給不足に、ついにランク外、13位に後退してしまいました。
勿論、供給さえ安定していれば、十分上位に入れるはずなのですが… なんとも勿体ないことですし、お待ちのお客様に対しても誠に申し訳ない次第です。このところ何度も言っていますが、本当にCanonの頑張りを期待しています。

最近、マイクロフォーサーズ機はランキングからすっかりご無沙汰のPanasonicですが、フルサイズ機LUMIX DC-S5は6位と好調。
発売当初から開始されたキャッシュバックキャンペーンも購買の後押しとなっているようですが、こちらは12月6日で終了。次回のランキングでも順位を維持できるか、人気ぶりが試される正念場です。

そして、7位にはなんとOLYMPUS OM-D E-M1Xが、発売された2019年2月以来のランクイン。実に1年と9か月ぶりの返り咲きです。
発売から時間が経ち、ここにきてだいぶ価格が下がってきたことが大きな要因。とはいえ、そこはOM-Dシステムのプロフェッショナルモデル、性能面は十分すぎるポテンシャルを持っています。まさに今が狙い目、皆さんよくご存じです。

8位SONY α7IIIに続くのは、9位FUJIFILM X-T4。X-S10の追い風に乗り切れなかった感があります。
センサー・画像処理エンジンが同等ということで、人気を持っていかれてしまったか。
しかし、そこはハイエンド機。プロカメラマンの使用にも耐えうる操作性などの作り込みの部分や、信頼性などは一日の長があります。是非、上位に返り咲いて欲しいところです。

10位には、DJIのDJI Pocket2が入りました。人気の高かったSONY VLOGCAM ZV-1に続く形で登場しましたが、この手のカメラは一通り欲しい方に行き渡ると、そこからの伸びは難しいか…

さて、次回はいよいよ今年最後、12月のランキングとなります。
去年の今頃には、全く想像もしていなかった事態に陥ったこの1年。カメラ業界も激動の波に翻弄されました。
勿論、まだまだ予断の許されない状況下ではありますが、そんな時だからこそ景気の良い、元気の出るような話題で締めくくりたいものです。
先にも述べたような話題機や映像制作用カメラの注目機など、12月も期待を裏切らないランキングの争いが見られることは必至の状況。
どうぞ、ご期待ください!!

 

 

中古デジカメ11月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
6位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
7位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
9位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II ミラーレス一眼カメラ


SONY α7III

SONY α7IIIが、またしても1位獲得。
2018年3月発売以来、はたして何度新品・中古で1位を獲得してきたことでしょう。
キャッシュバックキャンペーンの期間中は、新品・中古の価格差がなくなり、新品の購入が集中しますが、キャンペーン終了後はまた中古の販売台数が伸びる。常にこのサイクルで来ています。
いったい累計で何台のα7IIIがマップカメラから旅立っていったことか… このロングセラーはまだまだ続きそうです。

2位にはCanon EOS Rが入りました。3ヶ月連続1位は惜しくも逃してしまいましたが、このところ好調です。
EOS R5が依然供給不足の中、まだ新機種を手に入れられずお買い替えを控えている方もいらっしゃるでしょうから、そちらの状況次第で中古商品数が増え、販売台数を伸ばすことも考えられます。
基本性能は非常に高いカメラですから、α7IIIのようにロングセラー機になる可能性も秘めています。

3位にNikon Z6。このところ元気のなかったNikonですが、Z6II新発売に合わせて前モデルが中古ランキング上位に。
当マップカメラのランキングではおなじみの構図、新モデルご購入のため前モデルを下取りにご売却、中古商品数が増え価格も下がり、中古販売台数が伸びる。
同メーカー内でのお買い替えが進んでいる証拠で、理想的な構図と言えます。
Z7IIの発売もありますから、Nikonの巻き返しに期待が持てそうです。

久々にSONY・Canom・Nikonの3メーカーが上位を分かつ結果となりましたが、以下はSONYとCanonの名がズラリ。
4位α7II、5位α7RIII、9位α6400とSONY勢が来れば、6位にEOS 5D Mark IV、7位EOS 6D、8位EOS 5D Mark IIIとCanonの一眼レフ勢が並びます。

SONYの強さは言わずもがなですが、個人的にはCanon一眼レフ機の頑張りに注目しています。
ランク外でも、12位EOS 7D Mark II、17位EOS 6D Mark IIと、かつて新品でも中古でも人気の高かった機体が揃っています。

では、対するNikonの一眼レフ機はどうかというと、11位にD750、18位にD850が来ていますが、やはりCanonと較べると振るわない印象です。
かつて一眼レフ全盛の頃は互いにしのぎを削った2メーカーですが、こうも差がついてしまうのはなぜか?
店舗スタッフに聞いても、Canonフロアのスタッフは「値段も下がった一眼レフ機を指名して買われる方も多い。」と言うのに対し、Nikonフロアでは「お問い合わせもめっきり減ってしまった。」とのこと。
それぞれのユーザーのニーズがこうも異なるものなのかと、皆不思議に感じている次第です。
Canon一眼レフ機と全く遜色ないスペックを誇るNikon一眼レフ機、今一度人気の復活を望むところです。

新品の欄でも述べましたが、次回はいろいろあった1年の締めくくり。
新製品組が上位を独占するのか、はたまた思わぬ波乱が起こるのか。
中古部門での今回上位3機種の展開は?
いずれにせよ、集大成的なランキングになることを期待しましょう!

[ Category:etc. | 掲載日時:20年12月12日 10時45分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP