StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
2020年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

新品デジカメ12月ランキング
1位 Canon EOS R5 ミラーレス一眼カメラ
2位 Nikon Z7II ミラーレス一眼カメラ
3位 FUJIFILM X-S10 ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α7SIII ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7C ミラーレス一眼カメラ
6位 Nikon Z6II ミラーレス一眼カメラ
7位 Canon EOS R6 ミラーレス一眼カメラ
8位 FUJIFILM X-T4 ミラーレス一眼カメラ
9位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
10位 Panasonic LUMIX DC-S5 ミラーレス一眼カメラ


Canon EOS R5

いろいろなことがあった2020年、その締めくくりの12月に新品ランキングを制したのはCanon EOS R5。2位以下に大差をつけての勝利です。
ようやくまとまった入荷があり、前回の13位から一気に首位に。なんと7月の発売以来、6ヶ月目にして初の1位獲得です。
とはいえ、実はまだまだ品薄状態にあり、ご注文された方全員に行き渡っていないのが現状。
RF系のレンズやEF-EOS R マウントアダプター、果てはEF系レンズまで品薄になってきている状況ながら、ボディの新規ご注文が日々入るという状態で、我々スタッフも頭を抱えています。
入荷さえあれば連続首位の可能性も高いのですが、はたして新年最初のトップも獲得できるか、全く予測がつきません。

2位には、12月11日発売のNikon Z7IIが。EOS R5の対抗馬としての登場ですが、ライバル機の後塵を拝する結果となりました。またまた、Zシリーズの呪縛か? 前回のZ6IIに続いて首位獲得を逃しています。
ですが、勿論機能面で劣っているなどということではありません。見た目こそ先代と変わらぬデザインですが、グリップの質感・形状はより握りやすくなっており、大型レンズ装着時のホールド感もアップ。
AF精度も進化したほか、新画像処理エンジンの採用による高速連写や処理性能の向上など、Nikonらしい堅実な性能アップでユーザーの要望に応えています。
こちらの入荷状況は潤沢で、店頭ではご予約はされずに実機を確認したうえでご購入される方も多くいらしたようです。

前回1位のFUJIFILM X-S10が2位に僅かの差で及ばず、3位に。
人気に陰りが出たというわけではなく、むしろコンパクトな高性能機として徐々に認知度が高まってきています。
発売後の評判を聞きご購入を決めた方、X-S10の存在を知らずにご来店されスタッフの説明を受けご購入された方も多く、FUJIFILMの新戦力として今後も活躍が期待できそうです。

4位SONY α7SIII、5位SONY α7Cと、SONY勢が続きます。
α7SIIIは供給も安定し、やはり動画撮影に特化した機能面からプロカメラマンやハイアマチュアの支持が高く、売り上げを伸ばしています。
α7Cは何と言っても他のα7シリーズにはないコンパクトさ、それでいながら他に負けない高機能を装備し、サブ機としてだけでなく新たなファンの獲得にも成功したようです。

6位にNikon Z6II、7位にCanon EOS R6と、弟分対決はNikonが上をいきました。
ただ、EOS R6も未だに供給が安定していません。早く同じ土俵での競い合いを見たいものです。

8位はFUJIFILM X-T4。新製品組に押されてはいますが、ランキングの常連として安定した地位を確保しています。
年末にマップカメラがFUJIFILM公認のもと作成したホットシューカバーのプレゼント(限定品・ご好評につき終了しています)も大変評判がよく、販売数を伸ばす要因にもなりました。

9位SONY α7IIIは、もはや説明の必要なし。
ただ、SONYお得意のキャッシュバックキャンペーンが12月中ずっと実施されていて9位というのは…
発売から既に2年と9ヶ月、そろそろ新戦力に座を譲る時期か…

前回6位からはランクダウンしましたが、Panasonic LUMIX DC-S5が10位に踏みとどまりました。
動画撮影用としての需要が高く、こちらも品薄状態が続いてしまいました。
メーカーもキャッシュバックキャンペーンの申込期限を延ばすなどし、人気の後押しを図りました。
安価ながら高画質で評判の高いSIGMAレンズや、高級感あふれるLeicaレンズなど、バラエティに富んだレンズ群が魅力のシリーズだけに、今後の動向も気になります。

 

 

中古デジカメ12月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
5位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
6位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
8位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
9位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ


SONY α7III

上位3機種は、前回と同じ顔ぶれ、順位になりました。
2020年の中古ランキング最後を締めくくったのは、やはりSONY α7III。なんと1年のうち、半分の6回も1位を獲得しました。
今回、新品のキャッシュバックキャンペーンがあり、中古との価格差が小さかったにも関わらずの1位ですからたいしたものです。
新品の方は少し人気に翳りが出てきたか、なんて書きましたが、中古での台頭はまだまだ続きそうです。

2位にCanon EOS R。2020年後半、α7IIIを脅かす存在として、俄然人気が高まってきました。
ところが、新品の欄でも書きましたレンズやマウントアダプターの品薄がここでも響き、ご購入を見合わせる方も多かったとか、なんとも勿体ない話です。
2021年、Canonの生産力がランキングを動かすことになりそうです。

3位にNikon Z6。新製品Z7II、Z6IIが好調、それに伴い中古価格が下がったことも販売につながりました。
では、Z7は? こちらはランク外17位と元気がありません。この差はどういうところにあるのでしょうか。

続いて、一眼レフ機頑張っています、4位Canon EOS 5D Mark IV。店頭では、指名買いも多い機種。
まだまだミラーレス機では仕事に使うには不安とお考えのプロカメラマンやハイアマチュアの方の人気も高く、永く使うために程度の良い中古から売れていくようです。
一眼レフ機の後継機の登場が不透明なだけに、この傾向は今後も続くと思われます。
前回EOS 5D Mark IVを含め3機種がランク内に入ったCanonの一眼レフ機ですが、今回は1機種のみ。
しかし20位までのランク外では11位EOS 6D、12位EOS 5D Mark III、15位EOS 7D MarkII、19位EOS 80Dと健闘しています。

対するNikonの一眼レフ機はD750が9位に入っただけで、ランク外20位までに他の機種の名は出てきません。
ここしばらくこのような傾向に。Nikonユーザーは一眼レフ機に見切りをつけてしまったのでしょうか?

5位からは再びSONY勢。5位α6400、同数6位にα7RIII、α7IIが並びます。
α6400は、コンパクトな一眼ミラーレス機をお探しの方や、気軽に動画撮影を楽しみたい方にうってつけの機種で、お値段の手頃感からα6600(12位)より上位にきています。

α7RIIIは、新品のキャッシュバックキャンペーン実施期間中でしたが、それでも中古との価格差が大きく、中古商品に人気が集まりました。

α7IIは10万円ほどで手に入るフルサイズ機ということで、購入層にはフルサイズ機、または一眼タイプのカメラが初めてという方も多くいらっしゃいます。
基本的な撮影を楽しむには十分なスペックを持っていますし、台数も豊富、フルサイズミラーレス機最古参メーカーの強みを存分に発揮しています。
これらの購入者がいずれ上位機をお考えになる時も、選択肢の一番にSONYカメラが来るでしょうから、今後もSONYの強固な牙城を崩すのは至難の業か。

8位には、7月の2位以来久々に中古ランキングに顔を出したFUJIFILM X-T3。
意外な気もしますが、現行の新品に特価が入ったりしてコンスタントに売れていることも原因かと思われます。
ちなみにX-T4は、中古部門でも14位に入りました。

10位に入ったOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIは、2020年になって中古ランキングの常連になった1台。1位も2度獲得しました(4月、7月)。
コンパクト、かつお手頃な価格でシステムが組めるマイクロフォーサーズ機として、すっかり定着したようです。

さて、2020年はカメラ業界にとっても大変な1年となりました。
当マップカメラも、今まで経験したことのない事態に翻弄され続けた1年でした。
ここまで来れたのも、お客様皆様の熱いご支持があったればこそ、感謝の念に堪えません。
これからもお客様に有益な情報を発信し続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年は、どんな年になるでしょう?
皆が度肝を抜くような新機能を搭載したカメラが登場するでしょうか?
SONY、Nikon、Canon、3強メーカーの凌ぎあいは続くのか、はたまた別メーカーの台頭があるか?
想像は尽きません、まずは次回2021年1月のランキングをお楽しみに‼

[ Category:etc. | 掲載日時:21年01月09日 14時26分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP