StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
2020年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

新品デジカメ5月ランキング
1位 FUJIFILM X-T4 ミラーレス一眼カメラ
2位 SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α6600 ミラーレス一眼カメラ
6位 FUJIFILM X100V コンパクトデジタルカメラ
7位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon IXY 200 コンパクトデジタルカメラ
8位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ


FUJIFILM X-T4

緊急事態宣言の解除に伴い、新宿にある弊社マップカメラの店舗も営業を再開いたしました。
5月26日からでしたので、今回5月のランキングも、前回同様インターネット通販での販売台数が主な結果となります。

そして、前回同様FUJIFILM X-T4が、2位以下に大差をつけての2ヶ月連続V。
5月21日に発売になったシルバーモデルも好評で、発売から10日間という短さにもかかわらずブラックモデルとほぼ同数の売り上げを記録しました。
往年のフイルム一眼レフカメラを彷彿とさせるようなスタイリングのカメラだけに、ブラック・シルバーの選択は悩ましいところ。実際、お電話での問い合わせで「どっちがいいと思う?」なんて尋ねられたスタッフもいるとか。
高機能であるだけでなく、操作性などの基本性能も優れた、長く愛機としてつき合えるカメラですから、これからの人はじっくりお考えください。

2位には、SIGMA fpが前回7位からジャンプアップ!
コンパクトなフルサイズ機として2019年10月発売時に初登場1位を獲得しましたが、年明け後はランキング外に沈んでいました。
それが前回4ヶ月ぶりにランクイン、そして今回の2位獲得…
実は昨今の外出自粛に伴い、インターネット上で使用される高画質なウェブカメラとして注目が集まり、需要が急速に上がったカメラなのです。
ボディ単体よりも、Contemporary 45mm F2.8 DG DNとセットになったレンズキットの方が圧倒的に売れているのにも、そんな要因があります。
一躍、世相を反映したカメラとなってしまった感がありますが、勿論それ以外の目的でも十二分に高性能を堪能できるカメラです。

3位からは、SONY勢が続きます。
どんな状況下でも人気が落ちないα7III。
α6400とα6600の兄弟機が、相変わらず順位を競っているのも面白いところ。
他メーカーなら新型機が出ると早い段階で旧モデルの生産が完了するのですが、SONYは旧モデルを長く市場に残すことがよくあります。
その一番の例がRX100シリーズでしょうか。7世代目まで出ていながら、いまだに初代のモデルが新品で入手可能。こんなケースは他では到底考えられません。
そこまで最新の機能は必要ないから、前モデルを少しでも安く手に入れたいというユーザーにはうれしいところですが、メーカーとして大丈夫なのかなとお節介な心配をしてしまいます。

6位にFUJIFILM X100V、7位にOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIと、同時期(2020年2月)発売の2機種が僅差で並びます。
発売以来毎回の順位入れ替え現象は、なんと今回も。というわけで、次回はOM-D E-M1 Mark IIIが上にくるでしょう?

そして、当ランキングのダークホースCanon IXY200が1ヶ月ぶりにランクイン。RICOH GRIIIと同数8位と、相変わらず話題を提供してくれます。
片や価格10万円クラスの高画質を売りとした高級コンパクト、GRIII。対するIXY200は、お求めやすい価格のスタイリッシュコンパクト。
この2機種が同数でトップ10ランキングに並ぶという珍現象は、マップカメラならではというところでしょうか。幅広いユーザー層にご購入いただいている証ともいえます。

10位には、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIが入りました。先のSONY同様、旧モデルのランクインです。
しかし、SONYほど長く新品が市場に残り続けるとは思えませんので、ご購入を検討されている方はお気を付けください。

ランク外も話題に挙げておきましょう。
Nikon Z50は残念ながら10位内復帰わずかに届かず、11位。
FUJIFILM X-Pro3も大きく沈んでしまいました、12位。

そして、PENTAX KPが13位、Nikon D780が15位となった一眼レフカメラ勢ですが…
そう、この6月5日、待望の、本当に待ちに待ったNikon D6が発売になりました!
ライバル機Canon EOS-1D X Mark IIIは、高価格でありながら見事に初登場1位を獲得しました(2020年2月)。
はたしてD6は? 2月の時とは環境が大きく変わり、なんとも予測の難しい状況下ではありますが、それでも期待してしまいます。

 

 

中古デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
4位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
5位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ
6位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
7位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
8位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II ミラーレス一眼カメラ


SONY α7III

SONY α7IIIが、1ヶ月ぶりの1位返り咲き。
新品・中古とも、この状況下でも本当によく売れています。
販売開始(2018年3月)から2年以上の月日が経ち、その間に数多くの新型機が登場しましたが、それでも人気が衰えることなく売れ続けるというのは大変なことです。
いったい今まで何人の人が、このカメラを手にしたことでしょう。まぎれもなくロングセラー・ベストセラーカメラです。

2位からは現行機の前モデルが続きます。
現行販売を続けている機種もありますが、新しいモデルなどへの下取交換で中古商品が増え、販売につながっています。

2位FUJIFILM X-T3は、なかでも旬な中古カメラといえます。
新品も販売されていますが、中古との価格差は70,000円ほどあります。今後中古ランキング上位の常連になることが予想されます。

4位のNikon D750は、昨年2019年10月から中古部門でランキング内をキープしています。2020年1月には中古部門の1位も獲得しています。
ほんの数年前まで中古部門は一眼レフ機の独擅場でしたが、今や出たり入ったりと安定していません。
その中、D750は孤軍奮闘状態で一眼レフ機の面目を保っています。

また、一時期、Nikon・Canon・SONYの3大メーカーの名で埋め尽くされていたランキングも、最近FUJIFILMやOLYMPUSの名が目立つようになりました。
やはり、魅力的な新製品が登場すると、中古部門にも目立った動きが出てくるようです。

3大メーカーもうかうかしていられません。新品部門でお伝えしたNikon D6や、発売の発表が待たれるCanon EOS R5。SONYからも新製品の噂があがっていますし、楽しみは尽きません。
これらが新品部門だけでなく、中古部門にもどんな動きを引き起こすのか、皆様も予想してみてください。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年06月12日 11時30分 ]
8+

RECOMMEND

PAGE TOP