StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
2020年7月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年7月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

新品デジカメ7月ランキング
1位 SONY VLOGCAM ZV-1 デジタルムービーカメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 Canon EOS R5 ミラーレス一眼カメラ
4位 FUJIFILM X-T4 ミラーレス一眼カメラ
5位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
7位 SONY α7RIV ミラーレス一眼カメラ
8位 SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ
9位 FUJIFILM X100V コンパクトデジタルカメラ
10位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ


SONY ZV-1

SONY VLOGCAM ZV-1が、2位以下を大きく引き離して2ヶ月連続の首位獲得。
Vlog撮影に特化し今の時代に乗ったカメラ、その人気は本物のようです。
一時期の品薄状態も解消されました。Vlog撮影に興味のある方は、この機会に話題のカメラを手にしてみては?

そして同じく前回同様、SONY α7IIIが2位に。
7月26日まで続いていたキャッシュバックキャンペーンの効果は強力で、6位α6400、7位α7RIVと、計3機種のαシリーズがトップ10内にランクインするのも前回のランキング同様ということになりました。
SONY勢の相変わらずの強さが目立ちますが、キャンペーンの終了した次回は如何なものか?
ついに発表になったSONY α7SIIIは10月9日発売予定とまだまだ先の話ですし、それによる買い控え等も考えられます。
他メーカーがこのチャンスにどう攻勢をかけてくるかも楽しみです。

さぁ、そしてここまで話を引っ張ってしまいましたが、皆さま注目の新製品Canon EOS R5は、今回初登場3位!
あれっ? と思われる方も多いでしょう。
確かに7月30日発売という、ランキングの観点からみれば不利な条件。しかし、今までも月末発売でありながら見事1位を獲得したカメラは多々あります。
EOS R5も事前の予約数から見れば、1位獲得も容易なはずだったのですが…
なんとCanonの初回出荷台数が、期待していた数を大きく下回るという残念なことに…
結果として販売台数が伸びず、初登場1位の座を逃してしまったのです。
なんとも勿体ない… というよりも、発売を心待ちにしていた方たちの期待に応えきれない結果となり、我々スタッフも歯がゆい思いをしています。
現在もまだ品薄状態が続き、予約された方全員にいきわたるには今少し時間が掛かる模様です。

とはいえ、このEOS R5、どんなに待っても手に入れたいと思わせる性能を持っています。
新開発の約4500万画素のセンサーと新映像エンジンの搭載により、EOSシリーズ史上最高の解像性能を実現。
世界に先駆けて8K/30P動画撮影機能を搭載すると同時に、8Kの豊富なデータ量を生かした高画質な4K動画を撮影することも可能です。
また、EOSシリーズで初めてボディー内5軸手振れ補正機構を装備し、レンズ側の光学式手ブレ補正機構と合わせて最大8.0段の手ブレ補正を実現しています。
まさにユーザーの望む高画質・高機能を実現させた機体。SONYの牙城を崩す最有力候補のカメラです。

4位には、既に安定した人気を獲得したとも言えるFUJIFILM X-T4が入りました。
前回、X-T3のキャッシュバックキャンペーンが始まることにより、人気が分散してしまうのでは、と書きましたが、どうやら杞憂だったようです。
ユーザーの声を大切にし、着実に進化していくメーカーの姿勢が、多くの方の支持を得ているようです。

5位に、RICOH GR IIIが。FUJIFILM X100V登場後は、常にその後塵を拝していた感のあるGR IIIですが、今回は逆転。
しかしこの2台のようなコンパクト機は、暑さが増してきて大きなカメラを振り回すのはちょっと…という方にとって、あるいは昨今の状況などを考えてみると、ますます販売数を伸ばしそうな気がします。
特に、ポケットにも入るようなサイズ感のGR IIIがより有利か、どちらにせよ熾烈な競争は続きそうです。

8位には、こちらもここのところランクインを続けているSIGMA fp。
最近の事情により認知度が上がったカメラではありますが、もともと動画撮影に向いたカメラとして登場していますから、然るべき評価がくだされたとも言えます。
動画撮影が多くのカメラユーザーにより身近になった今、ランキングの動向がどのように変わっていくのか興味深いところです。

10位には2月以来、久々のランクイン、Nikon Z6。
6月30日から始まったキャッシュバックキャンペーンも良い効果をもたらしているようです。
8月28日発売のZ5がフルサイズのエントリーモデル的位置付けなので、改めて評価・需要が高まるかもしれません。
先に述べましたが、SONYのキャッシュバックキャンペーンが終了した今、順位のジャンプアップも十分に考えられます。

それにしても、次の波に乗るのが果たしてどんなカメラなのか、全く予想がつかない状況です。
次回は、どんなカメラがランキングを楽しませてくれるでしょう、注目です。

 

 

中古デジカメ7月ランキング
1位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ
2位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
4位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
5位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
6位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
7位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
7位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
7位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
10位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

今回、中古部門を制したのは、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II。
4月から3ヶ月ぶりの首位獲得。実は、新品部門でも11位に入っていました。
OM-D E-M1 Mark IIIの登場で再注目を集める結果になったカメラですが、このまま中古ランキングでの常連になるか楽しみです。

2位は、FUJIFILM X-T3。新品はキャッシュバックキャンペーン対象ですが、それでも価格差が大きく、中古の人気は絶大。
中古の品数も今やX-T4の方が多く、ご来店のお客様から「X-T4って何か問題あるの?」なんて質問を受けたスタッフもいるとか。
確かに品数だけ見ると、そんな感想も抱きかねません。新品との価格差という中古ならではの要因が、販売数に大きく影響している例といえます。

OM-D E-M1 Mark IIやX-T3と同様に、上位機種Canon EOS R5の登場を受け、EOS Rが6位にランクイン。
EOS R5への下取交換で中古数が増え、価格も下がってきましたから、こちらも中古ランキングの常連に名を連ねるようになるか。

7位にNikon Z6が入っているのにも注目。新品のキャッシュバックキャンペーン中にもかかわらずというところは、X-T3と同様か。
以前、新品部門で繰り広げられたNikon・Canonのフルサイズミラーレス機争いが中古部門に移ってきたようです。

新製品の登場や、その人気ぶりに影響を受けやすい中古部門。となると、昨今の状況により伸びてきた動画撮影に特化したカメラも、いずれ中古ランキングに顔を出してくるのでしょうか。
そうなるとますます、中古ランキングの予測が困難になってしまうのですが…

さて、待ちに待った夏の行楽シーズンの到来も、新型コロナウィルスの新たな感染拡大が懸念され、思うようなバカンスが容易に楽しめない状況となっています。
そんな中でもカメラ業界は頑張りを見せ、新製品が続々と登場。おかげで撮影欲が沸点に達し、やきもきされている方も多いことでしょう。
来るべき騒動終息の時に向け、次の1台を何にするかじっくり練っている方もいらっしゃるか。
今のカメラ業界・世間の状況を色濃く反映したこの新品・中古ランキング、皆様の欲求不満の解消に少しでも役立つことが出来れば幸いです。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年08月10日 11時06分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP