StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
2022年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2022年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

新品デジカメ12月ランキング
1位 Canon EOS R6 Mark II ミラーレス一眼カメラ
2位 FUJIFILM X-T5 ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RV ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY VLOGCAM ZV-E10 デジタルムービーカメラ
5位 FUJIFILM X-H2 ミラーレス一眼カメラ
6位 Nikon Z9 ミラーレス一眼カメラ
7位 FUJIFILM X-S10 ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY α7IV ミラーレス一眼カメラ
9位 Canon EOS R7 ミラーレス一眼カメラ
10位 RICOH GR IIIx コンパクトデジタルカメラ


Canon EOS R6 Mark II

2022年の締めくくり12月のランキングとなります。

新品部門は予想通り、12月15日発売の『Canon EOS R6 Mark II』が2位以下を大きく引き離して初登場1位を獲得しました。
新開発の約2420万画素フルサイズCMOSセンサーと映像エンジンにより、高い解像感と高感度を両立。静止画撮影時に常用で最高ISO102400の高感度撮影を実現しました。
さらに追従性に優れた高速・高精度のAF機構を装備。新たに馬・鉄道・飛行機が被写体検出機能に追加され、「人物」「動物」「乗り物」のそれぞれで、全体・スポット検出に対応しています。トラッキング性能にも優れ、どんな被写体でもその決定的瞬間を逃すことなく捉えてくれます。
クロップなしの6Kオーバーサンプリングによる高画質4K/60P動画撮影を実現するなど、高品位かつ多様な動画撮影スタイルにも適応。高いクォリティを求める映像クリエーターからも、確かな支持が得られるようなポテンシャルを持った機体に仕上がっています。

店頭でのご購入者を見ると、その多くがEOS R6やEOS Rなどからのお買い替えの方だとか。
それまでお持ちのカメラの性能にも十分満足しつつ、より高速・高精度になったAF機能や充実した動画撮影機能に期待してのお買い替えのようです。
発売前から注目度の高かった機体だけに初登場1位獲得は当然、今後も新品ランキングで上位を牽引し、先に発売された新製品たちと熾烈なトップ争いを繰り広げることを期待したいのですが… なんと初回入荷以降はメーカーからの供給が僅かとなってしまいました。
現在、ボディ単体・レンズキットともに「お取り寄せ」状態。新規ご予約の場合、長期でお待ちいただく必要が出てしまっています。
こうなると頭をよぎるのが、2020年の夏。相次いで新発売された超目玉のEOS R5・EOS R6でしたが、その発売当初から供給不足に陥り、ご予約の方全てに行き渡るのに非常に長い時間を要してしまったという辛い過去があります。2023年という新たな年の幕開け、どうかあの時の再現だけは起こりませんように、そう切に願ってしまいます。

2位には、前回圧倒的強さで初登場1位を獲得した『FUJIFILM X-T5』が。
今回1位EOS R6 Mark IIには倍以上の大差をつけられる形となりました。また販売数だけで見ると前回からはかなり数を落としています。それでも3位を引き離しての2位、注目度の高さはまだ落ちてはいません。
X-Tシリーズファン待望の約4020万画素センサー搭載の高画素機。それでいてAPS-Cサイズ機の利点を最大限活かしたコンパクトなボディ、かつ撮影意欲をそそるようなクラシカルなフォルムを有した機体は、FUJIFILMユーザーのみならず新たなファンも獲得しているようです。
ただこちらもブラック・シルバー、ボディ単体・レンズキットともに現在「お取り寄せ」状態に。次回の新品ランキングの上位は、メーカーからの供給数で順位が決まってしまうような悪い予感が…

3位は『SONY α7RV』。X-T5同様にEOS R6 Mark II登場の分1つ順位を落とす形となりました。
X-T5と同じく、前回初登場の時より販売数が大幅に減ってしまうのは致し方ないところ。ただしこちらα7RVは、潤沢に在庫数があるのもかかわらずというのが気になります。
実際店頭SONYコーナーでも、既にα7RVを提げたお客様がレンズを検討しに来店されるケースが目立つとか。ご購入を考えていた方には全て行き渡ってしまったということでしょうか。今後の伸びに少し不安を覚えます。

4位には、前回6位から順位を上げた『SONY VLOGCAM ZV-E10』が。このところ好調で、販売数も前回より多く、α7RVに迫る勢いでした。
ただ今回は店頭でのお問い合わせは少なかった模様、ネットでご購入される方が大半を占めたようです。

5位には『FUJIFILM X-H2』。
X-T5と同じ高画素センサーを搭載したX-H2、圧倒的にファンの多いX-Tシリーズに圧され存在感を薄めてしまうかと思われましたが、さにあらず。
前回述べたようにX-T5は静止画撮影メインの方、X-H2は動画撮影に重きを置く方にと住み分けがはっきりしているようで人気を維持しています。
よりお問い合わせの多いボディ単体が品薄状態になってしまっているのが残念なところ。供給が安定すればもっと上も狙えそうです。

発売から1年、依然高い人気を誇る『Nikon Z9』が6位に入りました。信じられないことに、未だランキング1位を獲得していません。
思えば苦難の1年でした。発売当初から深刻な供給不足に陥り、予約開始から早い段階でご注文を入れた方も数ヶ月待ちという状況に。
雪だるま式にご予約者が増え、新たに入荷しても全てそちらに回るという状態が長く続きました。
それでも最近入荷数が安定して増え、ランキングもあと一歩まで上りつめた時期もありましたが、その度に新発売組に阻まれ、結局1位には届かず現在に至っています。
ようやく「お取り寄せ」から「在庫あり」の表記が出せるようにまできましたが、1年は長かったか… 2023年、念願の1位獲得はあるでしょうか?

7位に『FUJIFILM X-S10』。
お問い合わせの多いボディ単体もようやく入荷数が増え、「在庫あり」に。
しかし既に発売から2年以上が経過し、お客様の眼が新品から中古に流れてきているようにも感じます。今後価格差が広がれば、その傾向もより顕著なものになるでしょう。

8位『SONY α7IV』も、お客様の意識が新品より中古に流れている機体。
店頭では、新品のご購入者は始めから新品を買うことを決めていらっしゃる方がほとんどだとか。セール期間中も価格差が縮まり新品のご購入が増えますが、今後はやはり中古が主流になりそうです。

9位には『Canon EOS R7』。前回勢いの急降下が見られたCanon、新製品の登場で他の機種も再び勢いを取り戻すことを期待したのですが…
EOS R7はボディ単体の入荷数が増え、在庫も潤沢になっています。フルサイズ機のEOS R6 Mark II、APS-Cサイズ機のEOS R7でCanon勢の巻き返しを図ってもらいたいものです。

10位に『RICOH GR IIIx』、ランク外ですがGR IIIは14位に名を連ねています。
ランキング的には新品・中古ともGR IIIxの方がGR IIIを上回る順位になっていますが、店頭でのお問い合わせはGR IIIの方が多い印象だとか。
GRシリーズが初めての方はGR IIIを手にされることが多く、歴代シリーズを使用したことのある方がGR IIIxを選ばれるケースが多いということです。
いずれにせよ根強い人気を誇るGRシリーズですが、やはりメーカーからの供給が安定しません。
ご購入を希望される方はすぐに使いたいという方が多く(勿論、どんな機種でもそうですが)、新品在庫がある時は新品を、ない時はご注文されるより中古を選ばれていく方が多いそうです。

 
 

中古デジカメ12月ランキング
1位 Canon EOS R6 ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7IV ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RIV ミラーレス一眼カメラ
4位 FUJIFILM X-T4 ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
6位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
7位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
8位 FUJIFILM X-S10 ミラーレス一眼カメラ 
9位 RICOH GR IIIx コンパクトデジタルカメラ
10位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ


Canon EOS R6

中古ランキングの1位は『Canon EOS R6』。新品・中古で新旧の2モデルがダブル受賞となりました。
11月初めに予約を開始したEOS R6 Mark IIのおかげで、お買い替えによりEOS R6の中古商品数が大幅にアップ。その結果価格も下がり、2ヶ月連続の中古1位獲得となっています。
EOS R6はまだ現行機種として新品も販売しているものですから、そこまで最新の機能がなくてもという方には狙い目の機種かもしれません。在庫が豊富で状態も選べる今がお買い時かと。

2位に『SONY α7IV』、3位に同じく『α7RIV』とSONY勢が続き、結局1位から3位までは前回と同じ並びとなりました。
しかし販売数は前回よりも圧倒的に多く、3機種合計で前回の1.5倍以上となっています。
3機種ともお買い替えにより中古在庫が豊富なうえに年末の大きなセールが重なったことが、販売数増加の大きな要因となりました。

新品・中古ともにランクインしているα7IV。販売台数的には新品の方が若干多いですが拮抗しています。先に述べたように購買者の眼は新品から中古に移りつつあるようです。
これまでのα7シリーズのように、SONY得意のキャッシュバックキャンペーンの対象になれば新品が勢いを取り戻すと思われますが、今後はEOS R6との中古ランキング争いの方が熾烈になりそうです。

α7RIVは前回の時よりも中古価格が大きく下がり、新型機α7RVの半値くらいで購入できるようになりました。それでいてα7RVと同じく約6100万画素という高画素センサーを搭載しているのですから、大変お買い得感の強い機体です。
ただこちらも先に書いたようにα7RVへのお買い替えの方はひと段落ついた模様ですので、α7RIVの中古商品数も今後そこまで増えない可能性もあります。
状態の良いものをじっくり選んで購入したいという方は、購入のご検討をお早めにされることをおススメします。

SONYはその他に5位『α7RIII』、6位『α7III』の2機種、計4機種をランキング内に入れてきました。前回の6機種ランクインという圧倒的勢いには及びませんでしたが、好調を維持しています。

4位には『FUJIFILM X-T4』が。やはりX-T5の登場により、中古在庫が豊富になった結果といえます。
『X-T3』も前回ランク外15位から順位を上げ10位に。新製品の評価の高さが前モデル・前々モデルの再評価に繋がっているようです。

FUJIFILMは、新品ランキング7位の『X-S10』が中古ランキングでも8位に入りました。
人気がありながら長く新品の供給が不安定だったX-S10。その間は価格差が小さいながらも中古を購入される方の多い機種でした。
現在、新品の入荷は増えてきましたが、発売から時間が経ち徐々に購入者の眼が中古に移ってきている模様です。
中古は在庫も豊富なので、今後新品との価格差が広がれば益々中古人気が高まってくるかと。これからのランキングの動向に注目です。

順位を1つ戻して、7位『Canon EOS 5D Mark IV』。やりました、今回も一眼レフ機が堂々ランクイン。
2022年、一眼レフ機の灯が消えず続いたことに感謝の念が堪えません。これもファンの方々の根強い支持があったればこそ。
マップカメラはこれからも質の良い一眼レフ機を皆様にご提供させていただきます。

中古ランキング最後のご紹介は、9位『RICOH GR IIIx』。
GR IIIはランク外14位、新品ランキングと同じような傾向となりました。
メーカーからの供給が安定していれば新品の方が問い合わせの多い機種。新品ランキングでもっと上位に位置できるはずなのですが…
現在は中古の商品数も不足している状態。次回はどちらのランキングでランクインできるか、非常に厳しい状況のようです。

さて、2022年の締めくくり、12月のランキングはいかがでしたでしょうか。
皆様が新年を迎えるためにご購入されたカメラは何位にランクインしましたか。
新品ランキングは、ここ数ヶ月各メーカーから注目の新型機が登場し、目まぐるしく順位を変動させる結果となりました。
中古ランキングでも、それに伴い在庫数の増えた機体が上位に名を連ねるようになりました。
それらが2023年にはたしてどんな動きを見せるのか。勿論、新たなカメラの登場も楽しみです。

次回2023年1月のランキング、予想するのが難しいということがこんなにも嬉しいなんて… その幸せをしみじみと感じつつ、今回はここまでとさせていただきます。 

[ Category:etc. | 掲載日時:23年01月13日 12時03分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古ポイント5倍(延長) 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP