StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】fp L で曇りの表情を撮る

【SIGMA】fp L で曇りの表情を撮る

表情を撮るシリーズ。

今回は「曇りの表情」を撮ります。

雨は降っていないものの空は雲に覆われ日差しが見えない──。

そんな天気のある日、横浜で撮影してきました。

使用機材はシグマの『fp L』と『Art 35mm F1.4 DG DN L-Mount』です。

それではどうぞご覧ください。

 

天気予報では晴れていない空を「スッキリしない」などとネガティブに表現しがちです。

でも写真ではどうでしょうか。

きつい影がつくことなく光が比較的均一で、被写体そのものを素直に捉えてくれます。

それがどんな色形をしているのか改めて実感することができます。

 

金属らしき三角の部分にちょうど光が反射していました。

特に太陽がまぶしく照りつけているわけでもないのに、反射は不思議と見事です。

こちらは『fp L』のクロップ機能を使ってクローズアップしました。

 

こちらはクロップなしで通常どおりに撮影したものです。

先程の写真と比べてかなりの広角になっていることがおわかりいただけるかと思います。

『fp L』があればひとつの単焦点レンズでここまで印象の異なる写真を撮ることができるのです。

 

雲が空を埋め尽くします。

デュフューズされた太陽光が柔らかく被写体を包み込みました。

光がソフトなおかげでディテールまできちんと見ることができます。

 

 

曇りの光に温かみのある定常光をプラスして撮ってみます。

青っぽい光の中にアンバーが差し色で加わり美しいです。

 

白い砂浜に設えられたベッド。

曇り空は不似合いな感じもしますが、もしここに横たわってポートレートを撮るならば、肌を綺麗に写してくれる絶妙な光といえるでしょう。

 

 

 

 

最後の一枚は少し渦を巻いているような気さえする雲。

手前にある橋のケーブルを写し込むことで、質感や形状の対比を狙っています。

少しアンダーにすることで白飛びすることなく、存在感のある雲とフラットな光を写すことができました。

 

いかがでしょう。

曇り空の日の光も悪くないかと思います。

いままで毛嫌いしていた方もぜひ挑戦してみてください。

作品の幅が広がります。

 

[ Category:SIGMA | 掲載日時:22年02月13日 10時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP