StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

Camera Technique Vol.4 for SONY

本館5階スタッフが、皆さまのちょっとした疑問にお答えする『Camera Technique』

「SONY」のEマウントAマウント、「CONTAX」や、動画のあれこれ、本館5階アイテムの比較や操作のやり方、
豆知識などを中心に、長期的に連載していきたいと考えております。

今回ご紹介するのは、【全画素超解像ズーム】についてです。

撮影中にこんな風に思ったことはありませんか?

 

「今つけているレンズでもう少しズームすることができたらなぁ・・・。」

 

デジタルカメラには「デジタルズーム」という機能が標準的に搭載されていることがほとんどです。

イメージとしては、「画像を強制的に拡大してズームする」という表現が相応しいかと思います。

【強制的に】拡大するので、画質はかなり悪くなります。それと引き換えにズームできる、ということですね。

 

しかし、【全画素超解像ズーム】は少し違います。

ソニー独自開発の全画素超解像技術を利用して、写真を構成しているすべての画素を解析し、画質劣化の少ない画像処理により拡大します。

すごく便利な機能ですね!

ですが、ご注意点もあります。一部の機能に制限がかかってしまいます。

 

・光学ズーム以外のズーム使用時は、[オートフォーカスエリア]の設定は無効になり、中央付近を優先したAF動作になります。

その場合、オートフォーカスエリア枠は点線で表示されます。

・光学ズーム以外のズーム使用時は、[測光モード]は[マルチ]になります。

・RAWデータでの撮影ができなくなります。JPEGのみです。

 

少し機能が制限されますが、上手に扱う事によって、より撮影表現の幅が広がること間違いなしです!

 

この【全画素超解像ズーム】を使用するには、設定の変更をする必要があります。

とても簡単なので見ていきましょう!

 

まず初めに、メニュー内の【ズーム設定】【入:全画素超解像ズーム】へ変更します。デフォルトの設定だと【光学ズームのみ】になっています。全画素超解像ズームを使うためにはまずこの設定が必要となります。

次に、【操作カスタム1】より【カスタムキー】設定を変更します。

設定するカスタムキーの位置は、ご自身の一番操作しやすい位置がよいと思います。私はC1に設定しています。

設定項目内の【ズーム】を設定します。

 

 

設定の変更は以上で終了です。

では、実際に【全画素超解像ズーム】を試してみましょう。

現在、焦点距離35mmのレンズを装着しています。

 

さきほど、カスタム設定にてC1にズームを設定したので、C1ボタンを押すと上記の様な画面になります。

ズーム域の変更は、コントロールホイールの左右を押すことによって0.1刻みで変更ができます。

また、コントロールホイールの上下を押すことによって×1.0→×1.4→×2.0とステップでも変更できます。

最大で2倍のズーム域となります。

 

ズームレンズの光学最大望遠でも少し足りない!

単焦点レンズでも画角の変化を楽しみたい!!

 

そんな時におすすめなのが【全画素超解像ズーム】です

 

次回も本館5階スタッフが、ちょっとした疑問点に対する答えをお送りいたします。

お楽しみに!

 





[ Category:etc. SONY | 掲載日時:20年07月22日 13時47分 ]
3+

RECOMMEND

PAGE TOP