StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS Kiss X7でオールドレンズを使ってみた

【Canon】EOS Kiss X7でオールドレンズを使ってみた

今回はCanon EOS Kiss X7にSuper Takumar 50mm F1.4を装着して撮影をしました。

Kiss X7といえば2013年にエントリー向けのカメラとして発売され、当時は世界最小・最軽量一眼レフとして大変人気を集めました。
街を歩いていると、Kiss X7を持っている人をよく見かけました。

オールドレンズをつけると一体どのような描写になるのでしょうか。
マウントアダプターはK&F Concept マウントアダプター M42レンズ/キヤノンEFボディ用を使用しました。

普段は開放で撮ることがほとんどですが、今回は絞って撮影してみました。
最近の新しいレンズと比べるとシャープというよりは優しい印象の写りです。
私が思っていた以上に、雲や波の動きなど臨場感のある写りになりました。

今回のレンズにはAF機能がありません。
Kiss x7にはフォーカスピーキング機能がないのでMFでピントを合わせるときに少し苦労します。
ですが、これもオールドレンズならではの味わい深さです。

海だけでなく江ノ電沿いの街並みも撮影しました。

レトロな建物×オールドレンズの組み合わせも最高です。

これは豆柴カフェに行った時の一枚です。
MFレンズなので動物を撮るのには向いていませんが、じっとしているところを撮ることに成功しました。
唐草模様のバンダナがとても似合っています。
周りのボケの雰囲気もとてもお気に入りです。

正直、Kiss X7でここまで本格的にオールドレンズが楽しめるのに驚きでした。
現在は中古で市場にたくさん出回っているので、初めてオールドレンズを楽しむ時にもチャレンジしやすいカメラです。

オールドレンズに興味のある方は、ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。


 

[ Category:Canon etc. | 掲載日時:21年05月04日 15時18分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 新品オリジナルセット
 

RECOMMEND

PAGE TOP