StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【 Carl Zeiss】 劇的なのにナチュラル~Distagon T* 15mm F2.8

【 Carl Zeiss】 劇的なのにナチュラル~Distagon T* 15mm F2.8

Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 15mm F2.8 ZF.2(ニコンF用)

 

今回撮影したのはこのレンズ。

Carl Zeissの「Distagon」の名を冠した15㎜F2.8の広角レンズです。
2013年にニコンZF2(電子接点付)とキヤノンEFマウントで発売されました。
スペックとしては非球面レンズ、異常分散ガラス、高屈折率ガラス等高画質技術をふんだんに使用、
金属鏡胴はずしりと重い730g。
撮影距離が0.25mからと大胆に寄って撮影するには充分なスペックとなっています。

現行品としてのラインナップには【Milvus】に引き継がれ鏡胴が一新、レンズが着脱可能な曲線的なデザインとなっています。
対して【Classicシリーズ】のこのレンズは、直線的で武骨、先端のフード部が攻撃的な力強さを演出しています。

強烈な画角と高いコントラストに引っ張られて青空や直線的な物、特に建築物を撮りたくなります。
太陽を入れてゴーストやフレアーの出方を確認しましたが、
思うように出ず、悪条件をさらりとかわすような自然な画像となりました。
レンズコーティングによってこれだけの写りが出せるのなら先端のフード部は必要ないのでは、
と思ってしまいます。
前玉の保護と、レンズキャップの受けという大事な役目もありますが。

抜けるようなカラーの発色も魅力的ですが、モノクロのトーンもまたお気に入りです。

冬の終わり。
再開発によりビルがなくなると、見慣れた景色が一変します。
変わる前に撮っておくべきだったと少し後悔します。
教訓としては、撮りたいと思わない物や事ほど撮っておくということでしょうか。

 

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年03月15日 13時35分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP