StockShot

  • タグ一覧
  • 検索

【PENTAX】2021年をD FA21mmF2.4で締めくくる。

2021年11月12日に発売したHD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR

『“海辺の貝殻とはじける白波、そして水平線までの自然なボケ味”を描き出す』というキャッチコピーとともに
発売したFA Limitedシリーズでは初の超広角レンズ

今回はAPS-CフラッグシップモデルK-3IIIに付けて使用。35㎜判換算約32㎜の画角になります。

サイズ感はボディレンズ合わせてもバランスが良く、重量もカメラレンズあわせて約1.2㎏
ボディの深いグリップと、金属の高級感があるレンズ。
手にフィットし持ちやすく、直感で撮影できる仕様が随所に施された造りになっています。

 

PENTAXの強みである『空気感を感じる』写りには撮影時とデータを見る時の2回驚きを感じます。
抜け感がありクリアな写りをするD FA 21mmF2.4は、まさにピッタリ。

ボケ感とシャープさの両立が美しい描写になります。
無造作な並木道も画にすることが出来る写り。

 

近接撮影では、レンズ先端部から約7センチまで被写体に近づけます。
ピント面のシャープさと、うるさすぎないボケ感。

撮影する距離や絞り値でレンズの性格が変わり、自身にあった描写を作ることができます。

なめらかなMF操作を重視した機構設計になっており、『MFの直結感を重視したい』という開発者の意思のもと、
『HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR』でも採用されているクイックシフト・フォーカス・システム機構を採用しています。

なめらかな操作感で花に上る蟻にピントを合わせたり、公園デートを楽しむご夫婦にピントをずらし物語のワンシーンのように演出することもできます。

風景、物撮り、テーブルフォトなど、この1本で作り出すことができるレンズ。
この1本であなた自身の物語を紡いでみてはいかがでしょうか

 

▼▼使用した機材はコチラ▼▼

▼▼関連機材はコチラ▼▼

[ Category:PENTAX & RICOH | 掲載日時:21年12月23日 17時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古決算セール 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP