StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】fpで秋色の花を撮る ─吉野梅郷 梅の公園─

すっきりとしない天候が続き、写真を撮りに行くのにも腰が重い日が続きました。
天気予報図には見飽きた傘マーク。
さてさてどうしたものかと考えていますと、雲間から太陽がこちらを覗いていました。
夜まで雨は降らないらしい。
雨が小休止している、まるで読点が打たれたような束の間の日に彼岸花を撮りに出かけました。


自宅から電車に揺られて2時間弱。全くのんびりとしたものです。
やってきたのは東京都青梅市にある吉野梅郷 梅の公園。
名前から想像がつくように観梅の名所ではありますが、丘に咲いた彼岸花も中々に綺麗です。


使用した機材は「SIGMA fp」「SIGMA Contemporary 65mm F2 DG DN」、そしてマウントアダプターを使用して「Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」。これらで動画も撮りました。
どちらのレンズも色の出方が好みで愛用しています。
気分で「fp」のカラーモードを変えているのですが、想像していなかった映像が撮れたりして何とも新鮮でした。


蝶も彼岸花を愛でに来ていました。
燃えるような紅色に白。素敵なコントラストです。


辺りを見渡せば緑豊かな山々が見えます。
何とも、のどか。
平日ということもあり、来客数は筆者を含めて両手で余るくらい。
大自然の静寂と景観を贅沢に堪能いたしました。


それにしても彼岸花というのは本当に不思議な形をしています。
故に写真の対象となりやすいのですが、撮ってみると難しい花。
しかめっ面をしながら撮影に臨むのですが……来年はもっと上手に撮れる様になろう、と毎年のように心に刻み込むまでがルーチンとなっています。


丘の上に咲く彼岸花。
敷地内一面に咲き誇っている、という訳ではありませんが、楽しみながら撮影ができました。
早朝や夕暮れ時といった、光が劇的に美しいシチュエーションではまた違った光景を見せてくれそうです。

天気予報図の傘マークはまだ減りそうにはありませんが、少しずつ確実に夏から秋へのうつろいを感じるようになりました。
季節が混じり合うこの時期に撮れる彼岸花は、その短い開花時期に優美な姿で人々を秋へと誘っているかのようにも見えます。
深まる季節は、撮影へ駆り立てる大きなきっかけ。
今秋はどこで何を撮ろうかと撮影欲の高まりを感じた、そんな一日になりました。


[ Category:Canon SIGMA | 掲載日時:22年09月25日 11時33分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 創業祭フォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP