StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica】Mを愉しむ ~M10シリーズを愉しむ~#10 Summaron M35mm F3.5 眼鏡付

【Leica】Mを愉しむ ~M10シリーズを愉しむ~#10 Summaron M35mm F3.5 眼鏡付

2月20日、MapCamera本館1階のLeica Boutique MapCamera Shinjuku は9周年を迎えることができました。これもひとえに皆様の厚いご愛顧があったればこそ、心より御礼申し上げます。

9周年を迎えるにあたって、今回ライカブティックでは「愉しむ」をコンセプトに様々なイベントをご用意いたしました。毎年ご好評いただいているスタッフによる連載ブログですが、今回は『Mを愉しむ』というテーマのもと、「M11でレンズを愉しむ」と「M10シリーズを愉しむ」という2本立てで進行させていただきます。

「M10シリーズを愉しむ」では、2017年1月発売のM10から2020年7月のM10-Rまで続くシリーズの名機たちを紹介します。厳しい眼を持つライカファン・カメラファンからも、常に驚きと称賛を持って迎えられてきたM10シリーズのカメラたち。マップカメラスタッフがその中からそれぞれ1台をチョイスし、まだまだ衰えることなく輝き続けるシリーズの魅力を熱くお届けします。

今こそ深遠なるライカの世界に…

 

「カメラは持ち歩かなければ意味がない」という信条から、小柄で便利なコンパクトデジタルカメラを愛用しています。小ぶりのポーチに財布・カメラ・ワイヤレスイヤホンを入れ、ポケットにスマートフォン。音楽が途切れるまで足で写真を撮り続けるというのが普段のスタイルです。

多くの写真家・愛好家に愛される「ライカ」という存在。その眩しい威光にどこか見て見ぬふりをしていた私ですが、今回のブログ企画を受けてその世界を覗いてみることにしました。

 

持ち出したのは『Leica M10 モノクローム』、理外のモノクロ専用機。「モノクロしか撮れないカメラなんて、不便じゃないの?」撮影前は不安が募るばかりでした。

レンズは『ズマロン M35mm F3.5 眼鏡付』をチョイス。ライカレンズはそれぞれに描写の味やクセが異なり、自分の好みのものを見つけていくのがひとつの所有する楽しみなのだと聞いたことがあります。私にはまだ描写の機微は分かりませんので、「眼鏡かけてるM10 モノクローム格好良いだろうなぁ」そんな不純な理由で選んでしまいました。大事なのは、構えた時にバイブスが上がるかどうか。

 

いざスナップ、と降り立った地。しばらくはカメラを出さずに歩いてみます。この時間、どんな人がいて、どんな光があって、どんな空気が流れているのか。五感で街を散策していきます。

 

 

レンジファインダーは不慣れなうちは非常に難しく、一枚撮るにも四苦八苦。シャッターを切っては写真を確認し、「ああ、もうちょっと右だったな」と再度挑戦、また確認してため息…そんなことを繰り返していました。

そうすると、次第に思考が変わっていくのです。「フレーミングを厳格化しすぎても面白くない。この曖昧さを愉しまなきゃ」そう気付いてから、シャッターを切る指が、被写体へ向かう足がだんだんと加速していきます。

 


 

「撮るのは好きだが撮られるのは苦手」というカメラマンは少なくないでしょう。実際、私も撮影中の姿を友人に撮られて見せられたことがありますが、だいたいとんでもない顔をしています。そういう時に撮った写真もだいたい強張っているように思います。

このイラストの彼が撮った写真はきっと素敵なんだろうと思いながら見ていました。愉しんで撮った作品には、撮影者の感情が反映されるものですから。

 

 

『Leica M10 モノクローム』を携えていると、いつもより光と影の関係に敏感になります。色のない世界で、はっきりと形を見せる両者を図形的に受け止め、枠の中に当てはめていきます。くっきりとした画作り、ピント部分のシャープさ。どっしりとした描写の『ズマロン M35mm F3.5』はモノクロ撮影との相性抜群です。

 

白と黒に秘められた無限の階調。自分の目で感じている情報の何倍もの鮮やかさを写真は物語ってくれます。強い光は強い影を生み出す。そのただならぬ関係を、自分の表現に落とし込むことが出来たのなら。

 

 

レンジファインダーで、モノクロ専用機で、マニュアルフォーカスで、単焦点で。「便利なカメラ」の対義語はきっとこの組み合わせかもしれません。カメラだけじゃなく、あらゆるものが利便性を第一に求められる世界で。曖昧さや手間といった「贅沢」を思うが儘に享受できた今回の撮影は張りつめていた自分の意識を解きほぐしてくれたように思います。何でもできるカメラじゃない。だからこそ、大事な時に手にしていたい。短い人生の中でそんなタイミングがいつ訪れるかわかりませんから、愉しめるカメラを見つけたらあとは手にするだけ。なぜなら「カメラは持ち歩かなければ意味がない」のですから。

 

ライカブティック9周年記念ブログ『Mを愉しむ』はこちらから。

 

[ Category:Leica | 掲載日時:22年02月25日 17時38分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Return of summer ポイント5倍

RECOMMEND

PAGE TOP