StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【マップカメラ情報】M6TTLのTTLとは

M6ttl
ライカM6TTLのTTLとは「ストロボTTL自動調光」のこと。ライカの専用ストロボを使ってTTL(レンズを通して)で発光量を制御できる機能が付いています。1998年の発売ですからもう10年前のカメラなんですね。古くならないどころか、ライカの中では新しい世代に属されます。このカメラ、本来はストロボのTTL調光を使って初めて真価があるもの。しかし専用ストロボ「SF20」を使ってる人、あまりいません。もともとM型ライカがアベイラブルライト(その場の光を生かした)撮影に使われてきたという経緯があるからでしょうか。M6からのマイナーなモデルチェンジでしたが中古市場ではなかなかの人気者です。カップリングは往年の名(迷)レンズ「ズミルックスM35mmF1.4」。開放の曖昧な描写を楽しむもよし、絞ってシャープな像を狙うもよし、ということで遊べるレンズです。



[ Category:Leica | 掲載日時:08年02月26日 21時08分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP