StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
Motorsports photo #15【Canon RF800mm F11 IS STM】

Motorsports photo #15【Canon RF800mm F11 IS STM】

今回はCanon RFマウントで気になっていた、RF800mm F11 IS STMをEOS R5に装着し、モータースポーツの撮影を行いました。

何ヵ月か前に一度だけ触ったことのある、このレンズ。F11では網が抜けないことが分かっていたので、今回は網が被らないコーナーから撮影を行いました。(コカ・コーラコーナー)

撮影は3月24日に富士スピードウェイにて行われた、スーパーフォーミュラ 公式テストになります。

この時期になると、各地でテストが行われるので開幕が楽しみでしかたありません。

では早速ご覧ください。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/200 / ISO:160

このレンズ重さなんと、約1260g。

「1260g?800mmで!?」初めて聞いた時、他のスタッフに聞き直した記憶があります。

上記の写真もそうですが、手持ちで800mmの撮影が楽しめるのは非常に撮影の幅が広がります。

さてさて、練習走行の時間になり細かく設定をする前にシャッターを切ってみました。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/500 / ISO:320

コーナーに進入してきた車両に意外とピントが速く合うなと感じましたが、撮影画像を確認してみると「おや?」

ピントが全然あっていないことに気が付きました。シャッタースピード(以下SSと略)を速くし撮影してみることに。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/5000 / ISO:2500

SS 1/5000から試してみましたが、ISO感度が極端に上がりすぎ、今度は画質が低下してしまう結果に。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000 / ISO:640

ISO感度も上がりすぎず、安定して撮れるのがSS1/1000あたりでした。

上記は連写をしている1コマになりますが、連写をしていても安定して撮影ができました。

1時間ほど経過し、手持ちで撮影することにも慣れてきたので、SSを少し遅めに設定し撮影することに。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/320 / ISO:160

やはりSSを遅くし撮影すると、ピント合わせもシビアになってきます。

Canon EOS R5 + RF800mm F11 IS STM

絞り:F11 / シャッタースピード:1/250 / ISO:160

ですが時間とともに、筆者自身が被写体の速度に慣れてきたのか、うまくピントを合わせることができたように感じます。

撮影を終え感じたことは、撮影シーンを選ぶ必要があるレンズであるということ。

また、普段は一脚を使用し撮影しているので、試しに取り付けて撮影してみましたが、角度をつけて撮影するのが好きな筆者にとって、三脚リングがないのは、とても難しい撮影となりました。

そして、どうしても絞りがF11固定なため、SSを上げた撮影をするとISO感度がグッと上がるので画質の低下が起きてしまい、使用環境としては明るい場所でSSは比較的遅めが良い印象です。

ただ、携帯性の良さは抜群です。気軽に「800mm」の超望遠撮影が楽しめるのは、ものすごく良い点です。

手持ち超望遠の世界を是非このRF800mmで皆様も体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

[ Category:Canon | 掲載日時:21年03月31日 19時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP