StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【タイムズフォト】Nikon AF-S DX 35mm F1.8G用の便利なシール!作りました


こんにちは! マップカメラ楽天市場店担当の岡田です。

わたくし岡田は、今年の夏ごろにNikon D5000とNikon AF-S DX 35mm F1.8Gを手に入れまして、
これは私の初めてのデジイチでございますが、それからというもの、旅行はもちろん、
ちょっとしたお出かけにも持ち出しては、そこら中を撮って歩いております。

ところで、Nikon AF-S DX 35mm F1.8Gには、距離指標(目盛り)が付いていないんですね。
その為、マニュアルフォーカスで撮影しようと思っても、
ファインダーを覗くか、ライブビューでピント合わせをしないといけません。


-これが距離指標だ!

もともとマニュアルのカメラでは、目測でだいたいの露出とピントを合わせておいて、
シャッターチャンス!と思ったところでサッと構えてすぐにシャッターを切る、
なんてこともやるかと思いますが、距離指標がなくては、そうもいきません。

オートフォーカスというのは確かに便利なのですが、ピントが合うまでに時間がかかったり、
状況によってはそもそもピントが合わなかったりしますので、
ここぞという場面ではマニュアルフォーカスも使えるようにしておきたいものです。

ということで、前置きが長くなりましたが、
今回はNikon AF-S DX 35mm F1.8G用の「距離指標シール」を作りました。


-これがシールだ!

このシールをピントリングの前面に貼ることで、Nikon AF-S DX 35mm F1.8Gをご愛用の方も、
快適なマニュアルフォーカスライフを送ることができます。

さっそく取り付けてみます。

このシールの為にサークルカッターを買ってしまいました。
あまりに見事な円が切り取れるので感動しました。

貼り付けると、こんな感じになります。
今回はシンプルに作りましたが、色や柄を工夫すると楽しいものができそうです。

さて、使い方を動画にてご説明いたします。

ご覧いただけましたでしょうか。

基本的な使い方は上記の通りですが、そもそも今回このシールを製作した理由としましては、
星や空の撮影時、オートフォーカスが合いにくいために、毎度のように無限遠をライブビューで合わせるのが面倒で
どうにか改善したいという考えからでした。

その為、このシールには無限遠を即座に合わせる機能が付いています。
次の動画でご説明いたします。

私の力不足から、若干わかりにくい点があるかもしれません。
実際にお試しいただければ、ご理解が進むのではないかと思います。

最後に、今回ご紹介したシールを含む8パターンの印刷用PDFファイルを掲載いたしますので、
興味を持たれた方は、ぜひお試しください。

◆PDFファイルはこちら◆
※印刷の際は、拡大縮小をせずに(100%で)印刷してください。

また、レンズ(Nikon AF-S DX 35mm F1.8G)をお持ちでない方は、
当店で販売しておりますので、併せてご検討くださいませ!
コストパフォーマンスに優れた、イチオシの一本でございます。

【ご注意!】
 当記事の内容は、メーカーの推奨する撮影方法ではございませんので、
 制作、ご使用にあたっては、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。
 各カメラメーカーやマップカメラでは、今回の記事をご参考いただいたことによる
 機材の故障や破損について、補償を行うことはできません。
 あらかじめご承知いただきました上で、お楽しみください。

[ Category:Nikon | 掲載日時:12年02月18日 13時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品ハロウィンプレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP