【マップカメラ情報】Nikon COOLPIX S800c 試写レポート

Nikon COOLPIX S800c レポート

2012年9月27日に発売となったニコン「COOLPIX S800c」。スペック的にはGPSとWi-Fiが搭載された多機能デジタルカメラのように見えるが、システムをAndroid OSにしたことで「シェアする」ことがより便利になり、今までにないコミュニケーションとシステムの応用が新体験ができるデジタルカメラだ。

Nikon COOLPIX S800cというカメラ

スマートフォンでお馴染みの「Android OS」を搭載したニコン「COOLPIX S800c」が登場した。スマートフォンは、撮った写真をSNSやメール、ブログなどへすぐにシェアできる点が便利だが、写真を撮る道具としては光学式ズームレンズがないため撮れる写真が限られてしまう。

Nikon COOLPIX S800c

COOLPIX S800cは、35mm判換算25-250mmの光学10倍ズームと手ブレ補正機能(VR)、そして有効画素数1602万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ部分と、システム部分にはAndroid OS 2.3を搭載したスマートデバイスである。COOLPIXとなるカメラ部分は、Android上のカメラアプリとなっておりカメラとして使用しない場合は、いわゆるスマートフォンのような使い方が可能となっている。

Nikon COOLPIX S800c 絞りF6.4 シャッタースピード1/640秒 ISO125 露出補正0 広角端25mm
Nikon COOLPIX S800c 絞りF5.8 シャッタースピード1/200秒 ISO125 露出補正0 望遠端250mm

カメラ部分は、COOLPIXの基本が踏襲されており顔認識AFや、「おまかせオート」、「シーンモード」、「スペシャルエフェクト」などの撮影モードが用意されている。背面にはCOOLPIXのマルチセレクターやMENUボタンはなく、Androidではお馴染みの「MENU」、「HOME」、「戻る」の3ボタンのみとなっており、項目選択などはタッチパネルを直接操作する仕組みとなっている。

Nikon COOLPIX S800c

この操作は、COOLPIXに慣れているとやや戸惑うかも知れないが撮影モードの変更などは、画面右に表示されている撮影モードアイコンをタッチすれば撮影モードメニューが表示されるので、思ったよりも直感的に操作できるようになっている。露出補正などもアイコンをタッチしてスライダーを調整するだけなので、ボタン操作を覚える必要がない点が良い。

Nikon COOLPIX S800c

撮影した画像の再生は、カメラ画面の右下に表示されているサムネイルをタッチするか、HOMEボタンを押してホーム画面に移ってから「再生」アプリで確認することができる。再生では撮影画像のシェア(メールやSNSなどの関連するアプリ)やトリミングだけではなく、画像編集やアクティブDライティング、ミニチュア効果などのフィルター効果など、こちらもCOOLPIXでお馴染みの機能を使うことができる。

Nikon COOLPIX S800c

Wi-Fiルーターやテザリングが出来るスマートフォンと併用することで、Wi-Fi経由でCOOLPIX S800c単体でメール作成やSNSへの投稿などができる。また、受け手側のスマートフォンにCOOLPIX連携アプリをインストールすることで、COOLPIX S800cで撮影した写真を受け手側のスマートフォンへWi-Fiで転送することも可能となっている。このように様々な方法で、撮った写真をその場でシェアできるので、グループで外出した際の記念撮影に重宝するカメラであると言えよう。

Nikon COOLPIX S800c

そのほか、Android OSが搭載されているので、Google Playストアからアプリのダウンロードが可能となっている。既にAndroid端末を利用しているのであれば、Googleアカウントでログインするだけで、アプリのインストールも簡単に行うことができる。

デジタルカメラなのに、ゲームやSNS、webブラウザ、画像編集、日本語入力など使いたいアプリをインストールして、より便利に使えるようにカスタマイズできる点がCOOLPIX S800cの面白いところでもあり、これが新しいデジタルカメラの一つの形であるような気がしてならない。

Nikon COOLPIX S800c

今までは、写真を撮らない時はあまり使うことがないカメラだったが、写真を撮らない時にもGoogleマップで地図を調べたり、カレンダーで予定をチェックしたり、メールでやりとりをするなど、こんなに便利に使えるならもっと早くから作って欲しかったと思えるのではないだろうか。

さらに、SDカードに保存した音楽データを内蔵スピーカーを利用して鳴らしたり、Bluetoothを使用すればイヤフォンを使って音楽を楽しむこともできる。いざというときには望遠250mmの光学10倍ズームで撮影ができる、これぞ頼もしいスマートデバイスと言えよう。

COOLPIX S800cは、カメラがより身近でそして本当に便利な道具になったと実感できるそんな一台だ。

Nikon COOLPIX S800c 絞りF6.4 シャッタースピード1/320秒 ISO125 露出補正-1
Nikon COOLPIX S800c 絞りF3.2 シャッタースピード1/200秒 ISO125 露出補正-1
Nikon COOLPIX S800c 絞りF4.3 シャッタースピード1/500秒 ISO125 露出補正0 撮影モード:ノスタルジックセピア
Nikon COOLPIX S800c 絞りF5.8 シャッタースピード1/160秒 ISO125 露出補正0
Nikon COOLPIX S800c 絞りF5.8 シャッタースピード1/40秒 ISO125 露出補正0
Nikon COOLPIX S800c 絞りF6.4 シャッタースピード1/800秒 ISO125 露出補正0 撮影モード:硬調モノクローム
Nikon COOLPIX S800c 絞りF3.2 シャッタースピード1/640秒 ISO125 露出補正0 撮影モード:硬調モノクローム
Nikon COOLPIX S800c 絞りF5.8 シャッタースピード1/800秒 ISO125 露出補正0


[ Category:未分類 | 掲載日時:12年10月01日 12時22分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP