StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Z7II×Z58mm F0.95 S Noct 魅惑の植物撮影

【Nikon】Z7II×Z58mm F0.95 S Noct 魅惑の植物撮影

12月発売予定の『Nikon (ニコン) Z7II』。豊富な光で圧倒的高画質を実現するZマウントの第2世代のカメラです。有効画素数4575万画素が写し出す描写は非常にリアルで繊細。画像処理エンジン「デュアルEXPEED6」を新採用し、高速連続撮影と連続撮影コマ数が向上しました。また、モニターをチルトさせた際の不意な電子ビューファインダーへの切り換わりが改善されるなど細かい部分がブラッシュアップされ、より完成度の高いカメラに進化しています。

今回はZマウントレンズの最高峰と言える『NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct』で撮影をしました。
なお、今回使用するのは製品版とは仕様が異なる場合があります。ご了承ください。

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

街中でスナップ撮影をしようと考えていましたが、この日はあいにくの雨。天候が悪くても気にせず撮影が楽しめる施設を検索し、植物公園の温室に行くことにしました。開放絞りが生み出す被写界深度の浅さは被写体に近寄って撮影するとより強く感じます。

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

赤いハイビスカスの花弁にできた水滴にピントを合わせてみました。クリアな水滴の輝きとしべや葉が溶けるようにボケているのがわかります。

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

のぞき込むように見下ろした葉の根元。手を伸ばし、チルトモニターで構図やピント面を確認しながら撮影しました。『NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct』は約2㎏とかなりの質量があります。しかし、『Z7II』に搭載されているボディー内手ブレ補正の恩恵もありブレることなくしっかり撮影できました。

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

 

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

 

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

 私自身、植物はマクロレンズや望遠レンズを多用し、被写体全体にピントが合うカッチリとした写真をよく撮っています。しかし、今回は『NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct』でボケ味を堪能してみました。主題が浮かび上がるように撮れた時は「おお!」と感動が声に出てしまいます。

最後に、クリエイティブピクチャーコントロールを使用したお気に入りの写真をいくつかご覧ください。

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

クリエイティブピクチャーコントロール:ブリーチ

 

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

クリエイティブピクチャーコントロール:ブルー

 

使用機材:Nikon Z7II + NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

クリエイティブピクチャーコントロール:ブルー

 

いかがでしょうか。ニコンのクリエイティブピクチャーコントロールは効果の度合いを任意で調整できます。撮影者の思い描く一枚ができあがるよう作り込まれている要素の1つです。他にも『Z7II』では情報表示の消灯機能が追加され、画面の端までしっかり確認してから撮影することができます。最後の葉の写真はその機能を使用し、構図を決めました。

Zマウントのレンズはどれも素晴らしい描写性能を持ち、クリアな写真を撮ることができます。その魅力的なレンズ群を扱える『Z7II』は道具として使いたくなる1台でしょう。触れて、写真を撮ることでより「Z」の持つ魅力に惹かれていきます。ぜひ、体感していただきたいです。

 

▼今回使用した機材はこちら▼

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年11月08日 16時40分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP