StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Voigtlander】NOKTON 42.5mm F0.95(マイクロフォーサーズ用)に触れて

【Voigtlander】NOKTON 42.5mm F0.95(マイクロフォーサーズ用)に触れて

今回触ったレンズはフォクトレンダーの単焦点レンズ「NOKTON 42.5mm F0.95」です。
F値0.95という驚異的な明るさのレンズで、他にも17.5mmと25mmの3種類があります。

まずは外観からみていきましょう

口径が大きめのレンズで、金属削り出しのボディです。
マイクロフォーサーズのカメラは非常にコンパクトなものが多く、
ボディによってはかなりレンズ側が重くなります。

レンズは約570gと重め。
試しに約310gのE-PL7に装着してみたところ、かなりレンズの方に重心がかたよりました。

↑レンズをがっちり掴んで右手はそえるだけ

やや大きめのマイクロフォーサーズのカメラだとちょうど良いバランスになります。
↑約660gのGH5Sに装着すると丁度良いバランスでした。

フォーカスはインナーフォーカスではないため、背が伸びます。
最短距離は0.23mですので、近づきすぎて被写体に当たる心配はありません。
しかし、ボディケースを使用する場合は考慮する必要があります。
全長は74mm~84mm(フード無し)です。
絞りリングはクリックの有無を切替できます。
動画撮影で嬉しい機能ですね。

↑指標のリングをグッとマウント方向へ下げて回転させます。

 

↑白の指標でクリック有り。黄色の指標でクリック無しの状態です。

 

F値0.95のレンズですので、GH5Sに装着してF0.95で楽しんでみました。

使用するボディを選ぶレンズになりますが、
どっしりとした重さが心地よく、満足感が得られるレンズでした。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年10月02日 11時25分 ]
2+

RECOMMEND

PAGE TOP