StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III × 雨の動物園

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III × 雨の動物園

晴れたら近所のお花でも撮ろうか、なんて淡い考えをしていたらいざ休日は雨。

天気予報を気にしておけばと思いつつも、撮影したかったのは晴れた日の絵面だったのでまた今度に。
せっかくなので雨の日に撮影した画像を整理することにしました。

確認していると意外と雨の日に撮影していたことが多いことに気付きました。
その中でも降りしきる雨の中で丸一日楽しんだ時の画像を載せようと思います。
アイキャッチの画像から既に分かり切ったことだとは思いますが動物園です。
子どもの頃以来でしたが来園者も少ない日、間近で見る様々な動物たち。毎日のようにランドセルに図書室で借りた大きな図鑑を入れていたほど動物好きな筆者としては楽しくないはずがありません。

オシドリのつがいでしょうか、寒いのかクチバシを背中の羽毛の中にしまっていました。羽毛が雨の雫を弾いています。

コウノトリは手前の金網をボカして撮影しています。背景が暗かったことも相まって浮き上がって見え、臨場感たっぷりです。欲を言えばもう少し胴体の方までファインダーに収めたかったなどと反省。首元の雨に濡れた羽毛やクチバシの質感まで描写してくれています。

動物といえばクイズはつきもの、さてこれは何の動物の尻尾でしょうか?
答えはCMの後!

なんてこともなく、正解はセスジキノボリカンガルーです。カスタードクリームとカラメルソースを彷彿とさせる色合い、約60cmの体長に負けないほどの長い尻尾は樹上でバランスをとるためだそうです。樹上での暮らしのためか前脚のツメが発達しています。

普段は室内やお散歩、何かの記念日に使用することが多いカメラだったのですが流石の防塵防滴、遠すぎて肉眼では観察しにくい場合も、金網が邪魔になる場合も大活躍してくれました。
しばらく動物園にも行けていませんが落ち着いたら今度は晴れの日に行きたいものです。

▼▼今回使用した機材はコチラ▼▼

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:21年03月10日 11時30分 ]
+6

RECOMMEND

PAGE TOP