StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Voigtlander】雨の日はスナップ日和。NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE

【Voigtlander】雨の日はスナップ日和。NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE

雨。

写真を撮ろうと考えていた日が雨だと、100ptあったテンションが一気に-70ptくらい下がります。
とりあえずコーヒーを飲みながらダラダラ過ごし、ちょっと懐かしい午後の映画番組を観てしまうと、もう夕方なんてこともあったり。

でも大丈夫。

雨の日のスナップは、午後のロードショーを観た後がゴールデンタイムに突入するのです。

アンリ・カルティエ=ブレッソンの『Behind the Gare Saint-Lazare』も雨が降らなければ撮れない写真でしたし、「傘好き」として知られるソール・ライターは雨や雪の日を好んでスナップを撮っていた写真家。

そう、雨はフォトジェニック。雨の日はスナップ日和なのです。

そんな訳で雨の某日、カメラを携え16時頃から撮影をスタート。新宿〜渋谷で街撮りスナップ決行しました。

今回はレンズに『Voigtlander (フォクトレンダー) NOKTON 40mm F1.2 Aspherical SE』をセレクト。
広すぎず狭すぎず、個人的に35mmよりスナップを撮りやすい焦点距離です。

では、雨の日しか撮れないスナップを狙って、レッツ スターティン!

 

 

 

 

 

 

 

実はこれらの写真、Kasyapa用に撮影をしてお蔵入りになった写真達です。お気に入りではあるのですが、これで記事を組むのはちょっと暗いな〜ということになりまして。

雨の日は光や像の反射、しっとりとした被写体の質感など、写真に必要な“美しさ”を多く感じられるシチュエーションです。「雨はやだなぁ、カメラ濡らしたくないし。」という気持ちもわかりますが、ファインダーを覗けば普段とは違った景色が見えてくるはず。雨の多い季節の変わり目に是非「雨の日スナップ」をチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[ Category:etc. SONY | 掲載日時:20年10月28日 14時36分 ]
+9

RECOMMEND

PAGE TOP